facebook_link
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



まなぶ日和 vol.14

ガッツ山梨!永井学です。
県議会秋の陣である9月議会が終わりました。今回は常任委員会審議の中でいくつか質問をさせていただきました。また本年度に入って初のフォトギャラリーを掲載しています。本年度の活動の様子をどうぞご覧ください。

 

常任委員会

農政産業観光委員会にて永井の質問!

質問項目
————————————————————————————————

1.農業ブランド「うんといい山梨さん」 の積極的活用(農政)
————————————————————————————————
2. フィルムコミッションを活用した周遊観光ルートの造成(観光)
————————————————————————————————

 

1.(農政部)

  富士の国やまなしの逸品農産物「うんといい山梨さん」を活用した
  農産物振興について

質問意図(うんといい山梨さんとは)
……………………………………………………………

山梨県内の信頼される産地で生産、出荷され、一定の品質基準を満たす高品質な農産物や地域の銘柄を「富士の国やまなしの逸品農産物」として認証し、「うんといい山梨さん」のロゴマークとともに、全国に発信しているものです。

ロゴマークやキャッチコピーは非常にセンスがあると感じていますが、全然浸透していません。
せっかくの制度を農産物販売振興に積極的に活用すべきだと思いいくつか質問をしました。

 

永井:「うんといい山梨さん」の知名度が低くてはどんなに良質な山梨県の農産物を認証しても意味がないと考えます。PR方法はどのように行っているのでしょうか?

執行部:流通業者や小売り業者などを通じて、また知事が農産物のトップセールスを行った時に全国にPRしています。

永井:それだけではあまりにもPRが薄いのではないでしょうか。小売業者などにお願いして積極的にポスター等でPRしたり、大手百貨店等に売り込みをしたりして県内外の方にもっとこの制度をしってもらうべきです。是非、ご検討いただきたいと思います。

また県が運営するホームページ内に認証農産物や認証団体がのっていますが、その購入場所、問い合わせ先等が一切書いてありません。せっかく他県の方々が山梨県産の農産物に興味を持ち、ホームページでこの制度を知っても購入してもらえないのです。問い合わせ先等を掲載すべきと考えますがいかがでしょうか。

執行部:なかなか県のホームページの中で販売店舗等を紹介するのは難しい。JAなどの直売所に関しては問い合わせ先等を掲載することを検討したい。

永井の意見

……………………………………………………………
県産農産物のブランド力、販売力を高める為の非常に質の高い認証制度ですが、どうもうまく活用されておりません。鳴り物入りで農政部の中に立ち上がった「農産物販売戦略室」ですが、本当に県外に山梨県の農産物を売り込みたいのであれば、自分はこの「うんといい山梨さん」をもっと活用すべきと考えます。質問後の県の動向を注視し引き続き提案してまいります。

 

 

2.(観光部)

  富士の国やまなしフィルムコミッションが誘致した
  ロケ地を活用した観光振興について

質問意図
……………………………………………………………
都内からも近く、自然豊かな山梨県はドラマや映画の撮影地として絶好の場所です。このロケ地の情報提供や関係機関との調整、またロケのお手伝いをしたりするのが「富士の国やまなしフィルムコミッション」です。今までも数々のロケを誘致して、山梨県のフィルムコミッションは今や様々な撮影にはなくてはならにものとなりました。しかし、撮影班を誘致し撮影が行われるだけで、そのロケ地を観光振興にまったく活かしきれていないのが現状です。これらを活用した観光振興についていくつか質問しました。

 

永井:フィルムコミッションの「撮影で使われたロケ地紹介」というページを見て、映画ファンやドラマファンは山梨県のロケ地を訪れます。この更新情報が2014年9月30日現在、最新の情報が2010年の映画のものとなっています。数々の有名なドラマや映画などが昨年だけでも200件撮影されているわけですから、もっと積極的な情報更新をすべきと考えますがご所見を伺います。

執行部:早速指示をして変更します。

永井:長崎県のフィルムコミッションのホームページでは、ロケ地巡りのモデルコースを作って、観光客の方々が効率よくロケ地を廻れるようにしています。また作品ごとに分類されているので非常に見やすいです。県のフィルムコミッションもそのようなコース造成を行うべきと考えますが、いかがでしょうか?

執行部:広報誌等で花子とアンのモデルコースなどは作っています。それらも参考にしながらホームページ内でも情報を掲載したり、コースの造成を検討したいと思います。

 

永井の意見

……………………………………………………………
ロケの誘致に力点を置いていた本県のフィルムコミッション。ただ、折角の観光資源を誘客に使わないというのは非常にもったいないと思います。
ロケ地巡りは季節に関係のない通年観光と成り得、その活用は大した予算投下も必要ありません。他県の例も参考にしながら、積極的な活用をこれからも提案してまいります。

 

 

平成26年9月定例県議会ピックアップ

1)人口減少戦略本部の設置

人口減少に対して県庁全体で取り組む組織です。私が所属する会派チームやまなしでは人口減少対策の専門組織を立ち上げるべきとの提案をし、県も前向きに組織設立を検討するとのご答弁をいただきました。

2)産後ケアセンター事業費

産後4ヶ月までのお母さんと赤ちゃんに対し授乳や沐浴の仕方など基本的な育児の仕方を宿泊型プログラムにて指導します。その事業者選定等の準備資金が補正予算として計上されました。(センター開設は平成28年度中予定)

3)バス交通ネットワーク再生計画基礎調査費

リニア新駅からの二次交通整備も見据えた県内バス交通ネットワークの見直しを行います。その調査の為の資金が補正予算として計上されました。6月に自分が行った代表質問の中での「バス交通の再整備」が形になりました。

 

編集後記

先日地区の防災訓練に参加した時のことです。「いつも県政報告を楽しく読ませていただいています」とのお言葉をいただきました。とかく一方通行になりがちな議会報告ですが、改めて読んでいただいている皆様との繋がりを感じました。少しでも県政情報を分かりやすく県民の皆様に届けたい!そんな想いを今後とも「まなぶ日和」を通してしっかり伝えてまいります。

———-

まなぶ日和のpdfデータがダウンロードできます。

まなぶ日和vol.14←こちらから ※5.1MBほどあり少し重めですのでご注意ください

年頭所感

ガッツ山梨!

新年初投稿が21日となりまして大変申し訳ございません。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年を始めるにあたり、目標や感じていることなどを少し書かせて

頂きたいと思います。

 

 まずは山梨県について。

自分が4年前当選させていただいた平成23年の時は、87万人いた人口も

昨年平成26年11月1日にはついに!84万人を割ってしまいました。

4年間で3万人も人口が減ったことになります。

このままのペースを続けると2036年には66万人まで人口が減るという

試算もでています。

色々な場所でお話をしていますが、これは1日20人のペースで山梨県から

人がいなくなるという計算です。

今年もこの人口減少の流れはなかなかに止めることは難しいでしょう。

人口減少対策というものは、今年政策を開始したからといって、

来年大きな成果がでるというものではありません。いかに早く、先を見据えた

対策を行うかが重要なポイントなのです。

自分はこの4年間、人口減少になんとか歯止めをかけ、人が溢れる山梨県を

作っていきたい。という考えのもと様々な質問や提案を行ってきました。

知事さんや甲府市長さんが変わるこの年に、もう一度改めて人口減少の原因を検証し、

山梨県にあった人口減少対策を行っていかなければなりません。

そのスタートの年に今年はなるのであると、またなっていかなければならないと

そう感じています。

 人口減少対策は知恵を出し合い、より良い提案をしていかなければなりません。

追認だけでなく、より多くの提案力が求められてくると考えます。

自分も県議会議員の一人として、県政に対してより多くの提案を行い、

この危機的人口減少の流れをなんとか食い止めていきたいと思います。

 

そして、今年は勝負の年であるということ。

これまでの4年間、取り組んできたもの。これから取り組んでいきたいことを

より多くの人に訴える機会であると考えています。

しっかりと活動してまいります。

 

いずれにせよ、これまで以上にしっかりと活動をしていくこと。

そして、これまで以上に皆さんとお話をし様々なことを提案していくこと。

人としても、議員としても大きく飛躍できる「登志」としていきたいと思います。

みなさま!今年の永井学にどうぞご期待ください。

「ガッツ!」ある山梨をみなさんと共に作ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

 

選挙戦終盤!

ガッツ山梨!永井学です。

総選挙もいよいよ終盤。残すところ数日となりました。

ここまで自民党・宮川典子候補に対して懸命のお願いをしてまいりました。

あと一押しのご支援、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、甲府での遊説は先週末に行われ様々な拠点で街頭演説を行いました。

自分は司会を担当させていただきました。

軒並みいらっしゃる応援弁士ありの演説会でも司会をしています。

これが非常に良い経験となっています。

前座を務めたり・・・

後ろで手を振り司会をしたりしています。

応援弁士の方々の演説を一番近くで拝聴できる。

宮川典子の支援をお願いしつつではありますが、

本当に良い勉強させていただいております。

度胸はつくし、マイクにも慣れる。

不思議と腹からお願いの言葉が自然と出てくるようになります。

 

こんな経験をしながら候補とともに最後の最後まで

宮川典子支援を訴えてまいります。

重ねてのお願いですが、皆さん、どうぞ宮川典子、そして自民党を宜しく

お願いいたします。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

衆議院議員選挙!

ガッツ山梨!永井学です。

突然の解散。そして12月2日には告示、

12月14日には投票が行われます。衆議院議員選挙。

各政党とも様々な公約を出されています。

なかなか政策を見比べて投票に行くというのは難しいかもしれませんが、

新聞やテレビまたネット等で横並びで表記される政策を見比べていただきたい

と思います。自分の興味のある分野だけでもいいんです。

例えば「子育て」とか「経済」とか「福祉」とか「医療」とか、

この政党のここがいい!という自分にひっかりかりのあった部分を理由に

投票していただき、その後自分の入れた政党、候補者は果たしてしっかりその部分を

やってくれているのか?それをチェックしていただく。そして次の選挙で

それを踏まえた投票行動をおこしていただく。この循環こそが世の中を大きく動かし

日本を、地域を良い方向に導く動きだと考えます。

 

ちなみに私が所属をする「未来の山梨を拓く議員の会」が行っている候補者の

政策動画を配信しています。是非、参考してください。

 

山梨第1選挙区

http://seijiyama.jp/statesmen/movies/raizankai/shuinsen2014-yamanashi1.html

山梨第2選挙区

http://seijiyama.jp/statesmen/movies/raizankai/shuinsen2014-yamanashi2.html

 

山梨県議会議員 永井 学

 



中道の農場にて!

ガッツ山梨!永井学です。

秋ですねぇ。ってもう冬が近くにあるような寒さですが

風邪などひかれていないでしょうか?

何かと気ぜわしい年末ですが、自分もできる限りの活動を

しております。

 

さて、そんな中ではありますが先日、タマネギを500個

借りている農園に植えてまいりました。

ネギの子どものような苗を一歩一本丁寧に植えていきます。

500本の苗も仲間と植えれば40分くらいで完了。

子ども達も楽しそうに植えていました。

このタマネギの収穫は来年6月くらいとのこと。

今から収穫が楽しみです。

 

山梨県議会議員 永井 学

富士山火山対策、防災計画 【静岡県庁】

ガッツ山梨!

チームやまなし 県外視察 in 静岡。

まずは静岡県庁にて「富士山火山防災対策」と「防災計画」を視察。

以下、視察報告です。

1 富士山火山防災対策

 平成24年6月「富士山火山防災対策協議会」を山梨、静岡、神奈川県で作る。

 3県の「広域避難計画」を作成。 → 平成26年10月合同の避難訓練を実施。

 現在、避難訓練などを合同で行い詳細な避難計画を立てていくとのこと。

 ① 危険レベルでの避難指示だけでなく、突発的に起こる噴火についての対応も進めて

   進めていきながら考えていく。

 ② 県外避難(広域避難)の進め方が今後の課題。

 

2 防災計画

 静岡県第4次地震被害想定 → 内閣府よりも細かいデータを提示

 減災のためにどんな対策をとるのか?→「地震津波対策アクションプログラム2013」

 アクションプログラムの履行により、第4次想定の被害者数を10年後に8割減少させたい。

 減災の数値目標をしっかりと明示。

 

「緊急地震・津波対策交付金」

 避難看板の設置や防災資材の整備など防災をより完璧にしてもらうための静岡県単独補助金

 平成25年〜平成27年までの3年間で92億円

 

<静岡県の危機管理組織>

 山梨県の危機管理組織は「危機管理課」の一つである。

 静岡県には「危機政策課」「危機情報課」「危機対策課」の3つで管理している。

 1 政策課:企画、アクションプランのまとめ、国からの補助金の調整、国民保護(インフル対策など)

 2 情報課:県民の意識啓発、噴火・津波への対応など

 3 対策課:実際の災害時の司令塔、訓練計画など

 この他、危機管理に関する課を集め「危機管理部」という部を組織している。

<永井の意見>

 防災意識が山梨県より高い静岡県。津波という脅威が山梨県と違いあるものの、

 東海地震、富士山噴火と同じ災害が発生する県として、山梨県のそれとは比べ物にならない。

 静岡県のこの危機管理部はもともと危機管理室だった。それを部に格上げした。

 話を聞けば、部にしたからといって予算が増えた訳ではないという。

 同僚の早川県議がかつてこの危機管理組織の再考について県に促したところ

 「部や室にしたところでやることは変わらない。組織の改編は人事課も関わってくる

  ので難しい」と言われたそうである。

 組織の形、内容はその県がどれだけその事項に力を入れているのかの象徴であると

 自分は考えている。もちろん全ての事項が大事なのだが政策の特化は必要である。

 県民の生命に直結する「防災対策」は、山梨県が特化しなければいけない政策である。

 本腰を入れた積極的な姿勢を、まず組織を改編することで示すべきだと

 静岡県の対応を見て感じた。

 

山梨県議会議員 永井 学

秋の味覚

image3.JPG image4.JPG image1_4.JPG image2_4.JPG

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

先日、家庭菜園で採ってきた大根!沢山採り過ぎたので漬けてみました。上手くできるかドキドキです。

頂いた渋柿も軒先に干し、干し柿を作ってみました。こちらは大成功!とても美味しくできました。

秋の味覚ゾクゾク!です。大地の恵みに感謝です。

山梨県議会議員 永井学

第14回都道府県議会議員研究交流大会!

ガッツ山梨!永井学です。

2014年11月11日。今日は6回目の結婚記念日でした。

そんな記念すべき日に毎年恒例の「都道府県議会議員研究交流大会」に

参加しました。

毎年、全国から多くの都道府県議会議員が集まり、勉強しています。

この大会に参加する為には議会から派遣してもらわなければならず、

運良く4年連続参加させていただく機会を得ました。

この大会に参加する度に、地方議員として改めて勉強し活動せねばという

意識になります。

 

今年の基調講演は東京大学名誉教授の神野直彦先生。テーマは

地方自治体の将来展望と都道府県議会の役割」でした。

平成5年地方分権の推進に関する決議が国会で採択されて、

平成26年第4次一括法が成立して20年が過ぎました。

地方分権を語る法律には必ず

「国民がゆとりと豊かさを実感できる社会を実現する」という

文言が入っています。

高度経済成長をしてきた日本、その経済成長から生活の豊かさを感じられる

世の中を創っていくという転換期。

工業が成長すれば農村部から都会へ人口が流入する。もう一度生活を見直し

地方を考え直す時期にきているとのこと。

1 人間的能力向上戦略 → 教育の充実 (盆栽教育から栽培教育へ)

2 生命活動補償戦略 → 環境と医療 

3 社会資本培養戦略 → 知識を分け合う社会

 

驚いたのは明治20年の日本の人口

1位 新潟県 200万人

2位 石川県 170万人

3位 富山県   農村部に多くの人口

この時東京府は7位で70万人しか人口がいなかったということ。

その後工業化が進み都市化への一極集中が進む

 

基調講演後、分科会へ!今回は第5分科会「地方自治体の将来像と議会」という

非常に広いテーマの分科会をチョイスしました。

やはりここでも話題になったのが、人口減少。

1970年後半、すでに合計特殊出生率は「2」を割っていました。

この数字が「2・08」以上ないと人口は増えないと言われていますので、

この時期から人口減少の問題は着実に進んでいたのです。

が!政治課題として認識されませんでした。

それは、地方は過疎化が進んだけれど大都市には溢れるほどの人口があった。

なんとなく人口は減っているのではなく移動しているだけと思ったためでしょうか?

 

消滅自治体と言われ、危機意識は高まって来ているが、金井利之先生いわく

「大都市の人口対策をきっちり進めないと真の人口減少対策にはならない」とのこと。

どいうことか?

1 大都市部で高齢者人口が増える

2 地方から大量の介護労働力が都会へ流れる。

3 地方人口の減少

4 都市部も一時期はいいが、若年層不足のため人口増えず

ゆえに!共倒れ!!!!

となってしまう。これは恐ろしい現象です。

この分科会に参加して、少し人口減少の捉え方が変わりました。

 

今回も大変実り多い研修となりました。

やはり、地方の話題は人口減少。これをどのように食い止めていくのか。

個別の対策もそうですが、根っこの考え方も少し議論してみる必要がありそうです。

会派のメンバーにフィードバックし議論を深めます!!!!

 

山梨県議会議員 永井 学

秋のもろもろ・・・

ガッツ山梨!永井学です。

早いもので今年もあと2か月。

月日の流れは本当に早いですね。やり残し、積み残しのないように

あと2か月がんばります!

さて、ここ最近のことをモロモロご報告いたします。

 

1 常任委員会にてドームファーム北杜さんを見学

先進的な水耕栽培を行い、都内の大手へ安定的に野菜を

供給している「㈱ドームファーム北杜」さんを視察しました。

新しい農業の形としても全国的に注目されているそうです。

付加価値をつけた農作物を効率よく安定期に供給できることは

これからの農業には必要不可欠なことです。

しかも、ドームの中で栽培するので耕作放棄地等の有効的な活用にも

寄与しています。今後の農業振興を考えるうえで非常に参考になりました。

 

2 第二回中央自動車道渋滞対策促進大会に参加

中央自動車道の調布IC付近と小仏トンネル上下線の渋滞緩和に向けた大会

「第二回中央自動車道渋滞対策促進大会」に出席しました。

会長は横内正明知事。

ネクスコの方からの状況説明も非常に勉強になりました。

 

3 北新地区地域世代間交流会

地域の先輩方と北新保育所の子供たちが触れ合う

世代間交流会!

毎年恒例で、ほうとうを作ったり昔遊びをしたりします。

子供たちと先輩方のふれあいを通して、地域づくりはもちろん

先輩方の生きがい創出、また子供たちの大きな社会勉強にも

つながっています。本当に毎年ほっこりとした気持ちになる会で

出席を非常に楽しみにしています。今回は別の式典出席の予定があったので

ゆっくり参加できず残念でした。

こうした地域の方と子供たちのふれあいの場はもっともっとあった方がよいと

考えています。

 

以上3つ、またまた徒然なるままに書いてみました。

先日、「このブログを密かにチェックしている。楽しみにしてるから

たまには更新せい!」という同級生がいました。

ありがたい!!!!

お堅い話ばかりは書けませんが、極力更新していこうと思っています。

どうぞお楽しみに!

 

山梨県議会議員 永井 学

甲府市福祉大会に参加しました

image1_3.JPG image2_3.JPG

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

甲府市福祉大会に参加しました!

自分の支援者の方々も多数表彰をされておりました。

地域の福祉力向上は、それを行う方の善意で成り立つ。

その方面でご尽力されている方に、心より敬意を表します。

山梨県議会議員 永井学

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes