facebook_link
2020年8月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



第14回都道府県議会議員研究交流大会!

ガッツ山梨!永井学です。

2014年11月11日。今日は6回目の結婚記念日でした。

そんな記念すべき日に毎年恒例の「都道府県議会議員研究交流大会」に

参加しました。

毎年、全国から多くの都道府県議会議員が集まり、勉強しています。

この大会に参加する為には議会から派遣してもらわなければならず、

運良く4年連続参加させていただく機会を得ました。

この大会に参加する度に、地方議員として改めて勉強し活動せねばという

意識になります。

 

今年の基調講演は東京大学名誉教授の神野直彦先生。テーマは

地方自治体の将来展望と都道府県議会の役割」でした。

平成5年地方分権の推進に関する決議が国会で採択されて、

平成26年第4次一括法が成立して20年が過ぎました。

地方分権を語る法律には必ず

「国民がゆとりと豊かさを実感できる社会を実現する」という

文言が入っています。

高度経済成長をしてきた日本、その経済成長から生活の豊かさを感じられる

世の中を創っていくという転換期。

工業が成長すれば農村部から都会へ人口が流入する。もう一度生活を見直し

地方を考え直す時期にきているとのこと。

1 人間的能力向上戦略 → 教育の充実 (盆栽教育から栽培教育へ)

2 生命活動補償戦略 → 環境と医療 

3 社会資本培養戦略 → 知識を分け合う社会

 

驚いたのは明治20年の日本の人口

1位 新潟県 200万人

2位 石川県 170万人

3位 富山県   農村部に多くの人口

この時東京府は7位で70万人しか人口がいなかったということ。

その後工業化が進み都市化への一極集中が進む

 

基調講演後、分科会へ!今回は第5分科会「地方自治体の将来像と議会」という

非常に広いテーマの分科会をチョイスしました。

やはりここでも話題になったのが、人口減少。

1970年後半、すでに合計特殊出生率は「2」を割っていました。

この数字が「2・08」以上ないと人口は増えないと言われていますので、

この時期から人口減少の問題は着実に進んでいたのです。

が!政治課題として認識されませんでした。

それは、地方は過疎化が進んだけれど大都市には溢れるほどの人口があった。

なんとなく人口は減っているのではなく移動しているだけと思ったためでしょうか?

 

消滅自治体と言われ、危機意識は高まって来ているが、金井利之先生いわく

「大都市の人口対策をきっちり進めないと真の人口減少対策にはならない」とのこと。

どいうことか?

1 大都市部で高齢者人口が増える

2 地方から大量の介護労働力が都会へ流れる。

3 地方人口の減少

4 都市部も一時期はいいが、若年層不足のため人口増えず

ゆえに!共倒れ!!!!

となってしまう。これは恐ろしい現象です。

この分科会に参加して、少し人口減少の捉え方が変わりました。

 

今回も大変実り多い研修となりました。

やはり、地方の話題は人口減少。これをどのように食い止めていくのか。

個別の対策もそうですが、根っこの考え方も少し議論してみる必要がありそうです。

会派のメンバーにフィードバックし議論を深めます!!!!

 

山梨県議会議員 永井 学

秋のもろもろ・・・

ガッツ山梨!永井学です。

早いもので今年もあと2か月。

月日の流れは本当に早いですね。やり残し、積み残しのないように

あと2か月がんばります!

さて、ここ最近のことをモロモロご報告いたします。

 

1 常任委員会にてドームファーム北杜さんを見学

先進的な水耕栽培を行い、都内の大手へ安定的に野菜を

供給している「㈱ドームファーム北杜」さんを視察しました。

新しい農業の形としても全国的に注目されているそうです。

付加価値をつけた農作物を効率よく安定期に供給できることは

これからの農業には必要不可欠なことです。

しかも、ドームの中で栽培するので耕作放棄地等の有効的な活用にも

寄与しています。今後の農業振興を考えるうえで非常に参考になりました。

 

2 第二回中央自動車道渋滞対策促進大会に参加

中央自動車道の調布IC付近と小仏トンネル上下線の渋滞緩和に向けた大会

「第二回中央自動車道渋滞対策促進大会」に出席しました。

会長は横内正明知事。

ネクスコの方からの状況説明も非常に勉強になりました。

 

3 北新地区地域世代間交流会

地域の先輩方と北新保育所の子供たちが触れ合う

世代間交流会!

毎年恒例で、ほうとうを作ったり昔遊びをしたりします。

子供たちと先輩方のふれあいを通して、地域づくりはもちろん

先輩方の生きがい創出、また子供たちの大きな社会勉強にも

つながっています。本当に毎年ほっこりとした気持ちになる会で

出席を非常に楽しみにしています。今回は別の式典出席の予定があったので

ゆっくり参加できず残念でした。

こうした地域の方と子供たちのふれあいの場はもっともっとあった方がよいと

考えています。

 

以上3つ、またまた徒然なるままに書いてみました。

先日、「このブログを密かにチェックしている。楽しみにしてるから

たまには更新せい!」という同級生がいました。

ありがたい!!!!

お堅い話ばかりは書けませんが、極力更新していこうと思っています。

どうぞお楽しみに!

 

山梨県議会議員 永井 学

甲府市福祉大会に参加しました

image1_3.JPG image2_3.JPG

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

甲府市福祉大会に参加しました!

自分の支援者の方々も多数表彰をされておりました。

地域の福祉力向上は、それを行う方の善意で成り立つ。

その方面でご尽力されている方に、心より敬意を表します。

山梨県議会議員 永井学

平成26年度永新会総会!が行われました

ガッツ山梨!永井学です。

最近、朝晩大分寒くなりましたがご機嫌はいかがですか?

体調など崩されていないでしょうか?

 

さて、10月23日(木)

「平成26年度永井学を支援する永新会総会」

が行われました。

当日、会場には大勢の方にお越しをいただきました。

宮川典子、中谷真一両代議士をはじめ、

仁ノ平尚子県議会議員などのご臨席も賜り会に花を添えて

いただきました。

 

当日は私の3年半の活動報告と、これからの活動への

抱負や決意を述べさせていただきました。

コンピューターを使った報告もなかなか好評でした。

やはり、聴覚だけではなく視覚にも訴える方法は

様々な意味で理解を深めていただけるんだなと確信いたしました。

 

ガッツ山梨!にぎわい創出!人があふれる山梨へ

をテーマに今後とも山梨県のため、地元甲府市のために

精一杯活動してまいります。

 

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!

 

山梨県議会議員 永井学

北新地区運動会!

image1_2.JPG image2_2.JPG

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

今日は北新地区の運動会でした。

久しぶりに体をガッツリ動かしました。我が万寿森自治会は同率でしたが、準優勝!

息子も初の競技参加!で楽しんでいました。地域の方々との交流も、運動会の醍醐味の一つです!

山梨県議会議員 永井学

甲府を歩いています!

image1.JPG image2.JPG

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

9月定例会も終わり、現在は23日に行われる後援会の総会資料などを作っています。

そんな中、甲府市内各地をゲリラ的に歩いています。Facebookにも書きましたが普段気がつかなかったことを沢山気付かされました。

色々な方とのお話もまた楽しい。それぞれの想いや要望。たわいない世間話も自分にとっては大きな勉強になります。

人といること、話すことが好きです。

やはり自分はこの仕事が大好きだと、多くの人と触れ合う度に感じます。

山梨県議会議員 永井学

9月議会を終えて

ガッツ山梨!永井学です。

 

 

県議会秋の陣!9月定例県議会も終了しました。

年4回ある議会のうち、2月は次年度の予算を9月は年度半ばで

比較的大きな補正予算が組まれます。

今回も私たちの生活に関係する様々な補正予算や条例が可決されました。

産後ケアセンターの整備費やバスネットワークの再整備、

来年度から始まる幼保一体の保育施設についての条例などなどです。

また質問も国の動きに合わせ、人口減少対策や難病の問題、

包括ケアシステムの県の動きなどなどが話し合われました。

 

詳しい報告書は現在作成中!「まなぶ日和14号」がまもなく完成いたします。

報告書を作成して早い物で14号。毎議会の度に発行していますので、あと2回で

今期は終了となります。

ということは、そうです。自分の人気もあと6か月。

さぁ~、この半年!また沢山のものを吸収し活動して参りますよ!

 

山梨県議会議員 永井 学

9月定例県議会 農政産業観光委員会

ガッツ山梨!永井学です。

9月定例県議会!昨日(30日)常任委員会の審議が行われました。

自分は農政産業観光委員会に所属をしています。

農政部と観光部にいくつか質問をさせていだきました。

 

 

(農政部関係)

「富士の国やまなし逸品農産物 うんといい山梨さんを活用した

 農産物振興について」

 

山梨県内の信頼される産地で生産、出荷され、一定の品質基準を満たす

高品質な農産物や地域の銘柄を「富士の国やまなしの逸品農産物」

として認証し、「うんといい山梨さん」のロゴマークとともに、

全国の消費者の皆様に届けている認証制度です。

とても良いブランドなのですが知名度が低く積極的に活用されて
 
おりません。 これを活用した農産物販売振興を提案しました。
 
 
 

(観光部関係)

「富士の国やまなしフィルムコミッションが誘致したロケ地を活用した

 観光振興について」

 

やまなしフィルムコミッションが誘致してきた数多くのロケ地を積極的に

誘客活用すべきと提案しました。

 

詳しいご報告は現在作成中の県政報告「まなぶ日和Vol.14」にて

お知らせします。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

 

子供達に伝えたいこと〜やまぼこ探検隊

ガッツ山梨!永井学です。

自分が2年前から続けている活動があります。

山梨の隠れた良さを子ども達に知ってもらいたい!

ふるさと山梨をもっともっと好きになってもらいたい!

子ども通して、そのご両親も改めて山梨県の良さを

再発見してもらいたい。そんな想いから始まったイベント!

 

やまぼこ探検隊

 

第3弾の今回は峡南地区「身延町」を探検します。

中富の和紙

 

身延の久遠寺

 

下部の金山

 

この3つのファクターを中心にイベントは進みます。

きっと今まで気づかなかった山梨県の良さを再発見して

くれることでしょう。

 

20組40名限定のイベント。

毎年40人、山梨大使が増えてると思って活動しています。

 

このイベント参加をして、将来その子ども達が山梨県から他県に

いったとしても、「オラが街のふるさとはとても素敵な所だ!」

と思ってもらえるように。

 

私たちの故郷やまなしにはその可能性が沢山あるから・・・

 

今回も全力で山梨県の良さを伝えます。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

*やまぼこ探検隊のお問い合わせ等々はダイレクトメールでお願いします!

 

 

いよいよ明日!開会です

ガッツ山梨!永井学です。

山梨県議会はいよいよ明日(18日)9月議会が開会となります。

今回の議会では大型の補正予算の案件が多数あります。

産後ケアセンターの準備資金であるとか、医師就学資金の貸与の拡充であるとか

富士山の4、5合目の整備費などです。

 

チームやまなし、今回は望月利樹議員の代表質問、早川浩議員の一般質問が

予定されています。

ビジョンに裏打ちされた質問ですので、どうか政策集を見つつ質問を聞いて

いただければと思います。

望月議員の代表質問は25日、早川議員の一般質問は26日に予定です。

 

心一つにこの議会も望みます。

 

山梨県議会議員 永井 学

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes