facebook_link
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



本日の山日新聞

ガッツ山梨!永井学です。

昨日の常任委員会の様子。本日の山梨日日新聞の2面に

掲載されています。

自分の質問も2つ掲載されていますので、見てみてください。

論説で厳しいお言葉を頂いていますが、もっともです。

もう少し突っ込めたのでは?と反省しています。

しかし、今回の土木森林環境委員会での質問。

非常に自分の中で勉強になりました。

きっちり追求すべきは深く追求する。

二元代表制の一翼を担う議会人として、これからの審議に活かします。

 

山梨県議会議員 永井 学

常任委員会の審議が終わりました

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

11月定例県議会は常任委員会の審議を終え、

全ての審議を終了しました。

 

自分が所属する「土木森林環境委員会」。

今回2つの事を質問させていただきました。

一つは県土整備部関係

「新御坂トンネルの天井板撤去工事」について。

1 なぜ、5月下旬から6月いっぱいを選定したのか?

2 期間を選定した時に観光業社は入っていたのか?

観光客の数が出来るだけ少ない時期を選んでとのことでしたが、

旅行業社の立場から言わせていただくと、6月は団体旅行が動く

時期なのです。一般感覚だけでこのような時期を決めるのではなく

旅行業者の意見も取り入れるべき。と質問しました。

3 工事期間の周知について

出来るだけ早い段階で、県内はもちろん県外にも情報を発信すべき

だと発言しました。また、関東一円の旅行業界の支部にも早めの

情報提供をお願いしました。

 

2つ目は森林環境委員会 関係

もちろん「明野処分場閉鎖問題」についてです。

県は閉鎖の理由を業者の瑕疵が原因である。というだけで

過去にどんなことが起こり、何が原因でここまできたのか。

候補地選定や地元の方との協議、時代にそった計画の見直しの必要

などの原因の調査を行っていません。

過去の状況を精査し同じ事が二度と起こらないようにすることこそ、

非常に高い授業料ですが54億円もの税金を投入し閉鎖する意味に

なるのではないでしょうか。

高度化資金の処理のときも弁護士などの「第3者委員会」を立ち上げ

改善策を作ったので、今回も同様の委員会を作り徹底的に原因を究明し

県民の皆さんに説明する責任が県にはある!という発言をしました。

答弁はすでに平成21年の時に有識者に検討してもらっているの

一点張りでした。

 

反省の上にこそ次に進める。

まずは反省すべきをしっかり反省し、今後に活かす姿勢を県庁内で

話し合ってもらいたいと思います。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

本会議

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

11月定例県議会は、本日も質問戦!四人の議員が質問されました。

我が会派からも3人が質問に立ちました。山下県議の一問一答での質問、とても参考になりました。やはり上手ですね。要点を突き、自分の意見でしっかり返す。自分もそんな一問一答を目指します。

そして、同期の望月利樹議員の質問。ヴァンフォーレ甲府のスタジアムの質問は自分の想いもありましたので痺れました!

さぁ、明日から常任委員会での審議!しっかり質問します( ´ ▽ ` )ノ

山梨県議会議員 永井学

クリスマスパーティー!

20131208_205620.jpeg 20131208_205620_2.jpeg

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

息子のサークルのクリスマスパーティーに参加してきました。舞台の上から全然降りてこない息子を尻目に、踊ったり、歌ったり、ご馳走を頂いたりと親父が1番楽しんだかな(笑)?

でも、ちょっと客観的見ると、この可愛い子供たちが健やかに育っていけるような山梨県にせねば!と決意を新たにしました!

親父はガッツで頑張るぞぉ!

山梨県議会議員 永井学

息子と質問!

20131207_182016.jpeg

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

山梨県議会は引き続き会議が進行中です。来週火曜日からの委員会審議先駆け質問を作成中!のはずでしたが、急遽息子と二人きりになりました。

なんとか大人しくさせ、その間に作業せねば!

20分ほど宥めすかした挙句、リーサルウェポン投入。彼の力を借ります。

正義の味方アンパンマン!

このビデオ、放映時間は47分!

その間に二本の質問を書き上げました。その後は親子でアンパンマン!

息子との時間も楽しみました。

山梨県議会議員 永井学

本会議で関連質問!

ガッツ山梨!永井学です。

山梨県議会は11月定例会!まだまだ質問戦です。

そんな中、我が会派の先輩議員 仁ノ平議員の質問に

関連質問しました。

仁ノ平議員の質問テーマは「人口減少社会における新しい山梨像」

自分はその中で、「高齢社会における県民の移動手段の確保」

について関連させていただきました。

人口減少社会における高齢者の方の貴重な移動手段バス。

県は国、市町村と連携して赤字路線を運行しています。

このように補助だけではなく、乗車率を上げ利益を上げていくことも

重要だ!という観点で質問しました。

 

県がやっている重点施策

「エコ通勤トライアルウィーク」と「パークアンドバスライド」

この2つについての提案。

イオンモールの駐車場を利用している「パークアンドバスライド」は

今年度乗車率が増え、来年からの本格運用を検討しているとのこと。

環境の面からもこの施策は重要です!

また、各市町村が行っているデマンド交通について、

先進事例をやっていない市町村に情報提供してみては?という

質問をしました。

 

持ち時間5分中では濃い質問ができたと思っています。

 

月曜日また一般質問を挟んでいよいよ火曜日から常任委員会!

ガッツで質問していきます!

 

山梨県議会議員 永井 学 

 

議会質問戦 突入!

ガッツ山梨!永井学です。

 

11月議会も今週からいよいよ質問戦に突入しています。

今回は一般質問の登壇者も多く、本会議の質問日程は4日間

となっています。

 

明野処分場の問題が議会直前で発表がありましたので、

そのことに関しての審議も行います。

 

来週の月曜日まで本会議での質問。

そして火曜日、水曜日と常任委員会の質問戦がスタートします。

自分の「土木森林環境委員会」は、明野処分場の問題も所管しています。

その部分について、自分も委員会の中で発言するつもりです。

また「新御坂トンネルの天井板撤去」の話。

「屋外広告物」についての話もしようと現在質問作成中です。

 

本会議の質問がない分、委員会での質問を充実させていきます。

 

山梨県議会議員 永井 学

息子への子守唄

ガッツ山梨!永井学です。

夜も段々と寒くなってきましたね。

家族3人で川の字で寝ていますが、息子や妻の温もりで

なんとか眠れている状態です。

 

そんな中、色々な子守唄がありますが自分は大好きな

Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」を歌うことに決めました!

歌詞がやはり非常にいい!

大学に通ってた時。

自分に自信がなくなった時、悲しくなった時、何かを思い出したとき、

何かを決意した時などなど様々な岐路で聞いた曲です。

 

Tomorrow never knows

作詞・作曲 桜井和寿

 

とどまること知らない 時間(とき)の中で

いくつも 移りゆく街並を 眺めていた

幼すぎて消えた 帰らぬ夢の面影を

すれ違う 少年に 重ねたりして

 

無邪気に人を 裏切れる程 何もかもを欲しがっていた

分かりあえた友の 愛した人でさえも

 

償う事さえできずに 今日も痛みを抱き

夢中で駆け抜けるけれども まだ明日は見えず

勝利も敗北もないまま 孤独なレースは続いてく

 

 

人は悲しいくらい 忘れて行く生き物

愛される喜びも 寂しい過去も

今より前に進むためには 争いを避けて通れない

そんな風にして世界は 今日も廻り続けている

 

果てしない闇の向こうに  手を伸ばそう

誰かの為に生きてみても Tomorrow never knows

 

心のまま僕はゆくのさ 誰も知る事のない明日へ

 

 

優しさだけじゃ 生きられない 別れを選んだ人もいる

再び僕らは出会いだろう この長い旅路のどこかで

 

 

果てしない闇の向こうに 手を伸ばそう

癒える事ない痛みなら いっそ引き連れて

少しぐらい はみだしたっていいさ 夢を描こう

誰かのために 生きてみたって Tomorrow never knows

 

心のまま僕はゆくのさ 誰も知る事のない明日へ

 

改めて歌詞を書いてみると実に深い!

この曲を聴きながら・・・

 

おやすみなさい

 

 

山梨県議会議員 永井学

 

甲州ワイン!

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

ダイエットだと言って、かたくなに焼酎とウイスキーしか飲みませんでした。

これではいけないと、最初から甲州ワインで攻めています。様々な味と変化のある発見。

京都市をはじめとした市町村、鹿児島県などをはじめとした都道府県が乾杯条例なるものを制定し、地場の地酒の売り上げを伸ばしているところがあると聞きます。

山梨県でも検討してみる価値はあるかもしれません。

山梨県議会議員 永井学

アンパンマン!

20131202_210734.jpeg

ガッツ山梨!永井 学 ( ´ ▽ ` )ノです。

最近、我が家のテレビはアンパンマンが9割!ビデオに撮った同じものを何回も何回も…

最近はすっかりキャラクターの名前も覚えました。

でも、よ〜く見ていると大人でも深いお話が沢山あります。しばらくはセリフを覚えるほどアンパンマンな環境が続きそうです( ´ ▽ ` )ノ

山梨県議会議員 永井学

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes