facebook_link
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



やまぼこ探検隊!第二弾を行いました!

ガッツ山梨!永井学です。

この投稿で、なんと「500投稿目」を迎えました。

ブログを開始してから少なくとも3年は経っていますので

この達成は遅いくらいですよね!1000回目はもっと早い時期に

なるよう、皆さんに情報をバンバン発信していきたいと思います。

 

 

さて、子供たちに山梨県の良さを伝え、ふるさとを大好きになってもらおうという

イベント「やまぼこ探検隊」(対象は小学生です)。

昨年に引き続き開催いたしました。今回は・・・

富士北麓地域!

を散策。

竜宮洞窟~こうもり穴~青木ヶ原樹海~西湖の湖畔で飯盒炊爨

~いやしの里根場で防災についてお勉強

と盛り沢山な内容で今回もお送りしました。

各ポイントにはミッションというものがあり、その場所の説明を

聞いていると解ける内容になっています。それに正解すると

隊長である自分からスタンプをもらえるという仕組みです。

昨日は全部で6つのミッションがあり、見事全員がミッションクリア。

修了証書をゲットしていました。

 

特に飯盒炊爨は大好評!米班とカレー班に分かれて作成しましたが、

みんな同じ材料を使っているのに、各班によって味が違うというには驚きました。

 

「また来年も来るね!」

と言ってくれた隊員に感謝です。

今回のイベントで一人でも多くの未来の「山梨大使」が育ってくれれば

こんなにうれしいことはありません。

 

来年も引き続きこのイベントを続けていきたいと思っています。

 

山梨県議会議員 永井学

県民の日!

ガッツ山梨!永井学です。

県民の日の記念行事とイベントに参加してきました。

そもそも皆さん、県民の日っていつか知ってます?

 

11月20日です。

 

ですので今週の土日でイベントを行うわけです。

ウィキペディアによると・・・

明治4年(1871年)8月29日(旧暦7月14日)の廃藩置県後も甲府県は存続したが、同年10月末(旧暦)に始まる第1次府県統合により、旧韮山代官所を引き継いだ韮山県の甲斐国内管轄区域などを統合して12月31日(旧暦11月20日)に甲斐国全域を管轄区域とする山梨県が発足した。

だそうです。旧暦の11月20日、現在では大みそかの時期に「山梨県」が誕生したんですね。

県民の日にふさわしく、県内の市町村から沢山のブースが出店されています。

ご当地の食べ物を頂いたり、和紙や表札などを手作りしたり、趣向をこらしたブースばかりですので、

ここに行けば山梨県をぐるっと一周することができます。

 

山梨県の良さを再発見するにはまたとないイベントです。

小瀬スポーツ公園で11月17日まで行われています。是非、ご家族でどうぞ!

 

山梨県議会議員 永井学

11月議会にむけて!

20131115_181519.jpeg

ガッツ山梨!永井 学 です。

11月議会に向けて、知事他執行部の方からの説明会でした。

今回の議会、11月議会といったり12月議会といったり、年によって呼び方が違います。理由は簡単。始まる月が違うんです。

今、公務員の給料は減額さらているのですが、その更新が2年に一度あり、それがある時は11月に開会するんです。

今回、本会議の質問はありませんが、委員会等の質問で頑張ります!

山梨県議会議員 永井学

大学生との交流会!

20131114_223522.jpeg 20131114_223522_2.jpeg 20131114_223522_3.jpeg

ガッツ山梨!永井 学 です。

山梨大学の学生さん達と意見交換会(飲み会?)を行いました。今回は政治!っていう枠ではなく、ざっくばらんに色々な話をさせてもらいました。

もちろん政治の話もしましたが、もっともっと彼等の懐に入って話が聞きたいという趣旨で行いましたので、自分のプライベートな話もかなりしました。彼等はどんな印象を受けたかなぁ。

それにしても自分が大学生だった頃と比べると、随分しっかりしている。手探りながらもちゃんと自分の足で立ち考えているという印象を持ちました。

決して、政治というものに興味がないのではなく、ぶつける場所が無かっただけなんだ!

彼等のぶつける場所に自分はなれるでしょうか?

いずれにしても、また開催したいイベントでした!

山梨県議会議員 永井学

男性の育児休暇を考える

ガッツ山梨!永井学です。

先日、先輩議員から頂いた本。

スウェーデンに行ってから、男性の子育てについて今まで以上に考えるようになりました。

日本の 企業はもともと男性が子育てをすることを想定していなかった。

でも、昨今のいわゆる「イクメン」と言われる言葉がでてくるようになり

この育児休暇について考える企業も増えてきていると聞いています。

 

しかし、スウェーデンでお話を伺ったお父さんのように3か月も会社を育児休暇で休み、

復帰してきた社員に対し、同僚等の目はどうでしょうか?やはりいずらいですよね。

 

国の制度に違い、風土の違いがありますので、一概にスウェーデン方式が日本にあてはまるとは

思っていません。でも一つだけ日本の制度設計を考えるうえで考えたいのは、なんのための

「男性の育児休暇」か?という部分です。

イクメンという言葉がなんとなく流行ったから?

子どもを産んだ女性も社会にでてバリバリ働きやすい環境を作りたいから?

などなど。両親の仕事の体系ありきで日本は考えていませんか?

確かに上記の理由もあるでしょう。でもそれは手段であり目的になってはいけない。

 

男性の育児休暇は、「子供が健やかに成長する権利」を履行するために進める

べきなのではないでしょうか?子供の成長・教育ありきなんだと思います。

 

この発想の転換が、今回ヨーロッパを視察して得た大きな成果の一つです。

 

目的と手段をしっかり見極め、これからの議会活動を行っていきます。

 

山梨県議会議員 永井学

 

 

 

 

都道府県議会議員研究交流大会に参加しました。

20131112_172458.jpeg 20131112_172458_2.jpeg

ガッツ山梨!永井学です。

毎年、都内で行われている都道府県議会議員研究交流大会に参加してきました。基調講演を聞いた後に各分科会に分かれ研修を行います。

基調講演は増田寛也氏元岩手県知事のお話でした。

自分の最重要政治課題であります、人口減少社会についての現状と対策と都道府県議会の役割についてのお話。

議会と首長を完全に分けて、純粋分離モデルで行ったらどうかとの話。また、市町村に下りた権限を再度検討し、県に権限を戻してみては?との話もありました。

県議会の役割について、最近よく考えるので大変参考になりました。

また分科会では、住民との関係強化について!岩手県議会と大分県議会の実例を伺いました。

顔の見える活動が一番だと感じました。意見聴取をし、それを実現していく。当たり前だけど、その積み重ねが重要ですね!

今日、勉強したことを議会活動、政治活動に活かします!

山梨県議会議員 永井学

結婚5周年!

20131111_202025.jpeg 20131111_202025_2.jpeg

ガッツ山梨!永井学です。

2008年11月11日に妻と結婚しました。今日はその5周年記念です。

結婚してから毎年1本ずつのバラを送り、今年で5本目。

節目の年は、入籍してその足で行った富士屋ホテルで鉄板焼きを食べました。

今年のサプライズは、2008年のワインを2人で飲むこと。

普段、苦労をかけてる妻に目一杯の感謝の気持ちを込めて。

これからもよろしくお願いします!

山梨県議会議員 永井学

国民文化祭in山梨 閉幕!

20131110_183302.jpeg 20131110_183302_2.jpeg 20131110_183302_3.jpeg

ガッツ山梨!永井学です!

300日間というロングラン開催だった国民文化祭が閉幕しました。その閉会式に参加するため、富士吉田市に行ってきました。

今回のことで盛り上がった文化の芽!大会閉幕で終わりではなく、どう根付かせるかが課題です!

山梨県議会議員 永井学

秋はやっぱり…

20131109_132759.jpeg 20131109_132759_2.jpeg 20131109_132759_3.jpeg

ガッツ山梨!永井学です。

秋は収穫の季節。本当に様々なイベントが行われます。特産品フェア、浅尾大根祭り、甲府市農林祭りなどなど。その度に旬な野菜を買い求めます。

とても濃い野菜の味。息子も美味しそうに食べています。小さい頃からこんな美味しい野菜ばかり食べていたら、きっと故郷山梨が好きになってくれるはず!

これも食育ですね!

山梨県議会議員 永井学

世代間交流会!

20131107_170133.jpeg

ガッツ山梨!永井学です。

北新保育所の北新地区世代間ふれあい交流広場に参加してきました。

毎年参加をしているのですが、いつ来ても本当に良いイベントだと思います。地域のお年寄りの方々が、子供達に昔の遊びを教えたり、ほうとうの作り方を教えたりします。

子供達は新しいものに興味を持ち、お年寄りの皆様は子供達に教えてることで生き甲斐を感じる。核家族化が進む今、なかなか体験出来ないことですよね。

このことを見ていて、保育園や幼稚園とデイサービスなんかを併設したら面白いなぁなんて感じました。もう、そんな施設あるかもしれませんね。

市町村や、県が運営している例はないか調べてみようと思います!

山梨県議会議員 永井学

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes