facebook_link
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



やまなし知会の輪会 に参加させていただいてます!

ガッツ山梨!永井学です。

皆さん、読書は好きですか?自分は本当に色々なジャンルの本を読みます。

特に議員になってからは、沢山読むようになりました。

そんな中、毎月1度は必ず伺っている甲府市中心商店街の中にあります

「春光堂」さん。この店主であられる宮川さんからお誘いをいただき

「やまなし知会の輪会」というものに参加をさせていただいております。

これは県内で活動する様々なジャンルの方が、

おススメの本を3冊紹介し、それについてのコメントをのせるというものです。

自分は「人生を考える時の1冊」と題して選ばせていただきました。

「竜馬がゆく」、「小説吉田学校」、「永遠の0」の3冊です。

レビューは是非、春光堂書店さんに行って見てみてください。

自分以外の方々のチョイスやコメントも本当に面白いですよ!

また、本を購入した方にはコメントカードが渡され感想を寄せることもできるんです。

自分の選んだ本もすでに購入した方がいらっしゃるそうなので、

どんなコメントが返ってくるか今から楽しみです。

 

顔が見える身近な人が選んだ本、そしてそれを読んでみる。

「本がより身近になるきっかけになれば」と記事には宮川さんのコメントが書かれていました。

街の中のとてもホっとできる本屋さんで、お気に入りの1冊!探してみはいかがですか?

 

山梨県議会議員 永井 学

まなぶ日和 vol.3

ガッツ山梨! 山梨県議会議員 永井学です。

3回目の議会である11月定例県議会が昨年12月に終わりました。

今回は、6月議会に引き続き、一問一答による一般質問をし、皆さんの思いを乗せた質問を全力でさせていただきました。

恩賜林記念館での最後の本会議。本当にいい経験をさせていただきました。

今回の「まなぶ日和」も盛り沢山な内容でお送りします。

どうぞ最後までお付き合いください。

 

本会議

本会議での一般質問!

 

「山梨県の情報発信機能強化」

どんなにいい施策や施設があっても、県民の皆様に知られなければ意味がありません。そして、山梨県をもっと全国に向けてアピールをしていき、山梨県の知名度を上げ観光や農業に活かしていくべきではないでしょうか?そこで、県の情報発信の強化について伺いました。

 

〈質問項目〉
・    広報戦略の見直しについて
・    ホームページの機能強化について
・    ソーシャルメディアの活用について  ← Pick UP! 
・    全国に向けての情報発信の取り組みについて
・    首都圏における情報発信の強化について

 

 

Pick UP<ソーシャルメディアの活用>

Q:インターネットを利用して、双方向で情報のやりとりを行うことができる「ブログ」や「ツイッター」など「ソーシャルメディア」と呼ばれる新たな情報伝達手段が、近年急速に発達してきています。県の情報発信にも、このソーシャルメディアを積極的に活用していくべきだと考えますが、県のご所見を伺います。

A:(横内知事) 本県においても、その有効性に着目し、今後は、ソーシャルメディアのメリットを活かし、災害時はもちろんのこと、平常時における伝達手段としても、本格的に導入を進めて参りたいと考えております。

 

横内知事

この質問を受け、県は来年度から、県政情報の発信手段として短文投稿サイト「ツイッター」を積極的に活用することを決めました。
ツイッターは、平常時の県政情報発信はもちろん、災害時においても有効な情報伝達手段として、東日本大震災の時にも大いに活用されました。
これからも、フォロワー(会員)の数を積極的に増やしていく施策や、ツイッター以外のソーシャルメディアの活用についても引き続き提案していきます。

 

 

「県の少子化対策」

全国的に問題になっている少子化問題。その原因を払拭するために、
県ではどのような対策を行い、また少子化を解消するにはどうしたらいいのかという提案を含めた質問をさせていただきました。

〈質問項目〉

・    不妊対策 不妊相談センタールピナスの相談機能強化について ← Pick UP
・    延長保育の取り組みについて(実施施設はなぜ増えないのか?)
・    放課後児童クラブの充実について(使い勝手のいい施設にするため市町村に対しての支援を県独自でしたらどうか?)
・    やまなし子育て応援カード事業について ← Pick UP!

 

Pick UP<不妊治療相談センタールピナスについて>

Q:平成16年に不妊に悩む夫婦の方の為に創設された不妊相談センター「ルピナス」。その相談方法は、電話による相談と面談による相談の2つです。全国の同様施設のほとんどは、メールによる相談も実施しています。本県でも相談機能の充実を図っていくべきだと考えますが、県のご所見を伺います。

A:(古屋福祉保健部長)インターネットメールを利用することは、より多くのニーズに応えることができ、また、時間帯にとらわれないで利用することもできることから、ルピナスの運営委員会で協議するなかで、検討して参ります。

不妊相談は非常に秘匿性の高いもので、メールでの相談は人と直接話をしなくてよい分、相談者の負担が軽減するとも発言しました。まず、利用しやすい環境を作り出し、その後、相談時間の延長や相談日数の増加を図るよう、引き続き提案して参ります。皆様の周りで、不妊に悩む方がいらっしゃったら是非、ルピナスをご紹介してあげてください。

*常任委員会でも、再度ルピナスの相談方法の強化について要望しました。
—————————————————————————————–
不妊相談センター ルピナス 毎週水曜午後3時~午後7時 電話055-223-2210
—————————————————————————————–
 

 

Pick UP<やまなし子育て応援カード事業について>

Q:3人以上のお子さんがいる子育て家庭にカードを交付し、協賛企業に提示することにより、様々な特典が受けられる「やまなし子育て応援カード」。この交付対象者を、すべての子育て家庭に拡大するべきではないでしょうか?また、静岡県や鳥取県では、妊婦さんも対象にしています。交付対象者の拡大についての県のご所見を伺います。

A:(古屋福祉保健部長)カード発行の際の「18歳未満の子供が3人以上いる家庭」という交付条件の見直しについては、県においても検討を進めたいと考えています。妊婦さんのいる世帯も協賛企業にアンケートをとって、その結果に基づいて事業の見直しを検討して参ります。

この「やまなし子育て応援カード」。全国の類似事業をみると、ほとんどがその交付対象をすべての子育て家庭としています。経済的にも非常に助かるこの制度。早期の交付対象拡大に向けて、引き続き提案していこうと思います。

恩賜林
 今回で最後となる恩賜林記念館での議会

 

 

教育厚生委員会 ~永井の質問

Q:かえで支援学校 分教室の施設整備について
入学者数の増加と、職業教育に取り組むために設置される「かえで支援学校分教室」。旧山梨園芸高校の校舎を利用するとのことですが・・・
1)今までは、甲府市東光寺という立地のいい場所にあったが、今度は石和方面に移ります。生徒の通学方法はきちんと確保されているのでしょうか?
A:善光寺駅や石和駅など最寄り駅までは、各自で通学します。
その上で、駅からは、スクールバスで送迎します。

2)元が園芸高校であっただけに、生徒数に対しかなり施設が大きいものとなりますが、使用しない部分の安全対策はなされているのでしょうか?
A:消防法による防火扉等を設置することとなります。
永井:人員配置も含めた安全対策も考慮していただきたいと思います。

 

明全会 県外調査 ~京都府

1)京セラ株式会社~経営哲学と環境マネジメント
・稲盛氏の経営哲学「京セラフィロソフィ」
「人間として何が正しいか」を判断基準とし、細かい部分まで社員に徹底させている。(年に数回の研修)
・太陽電池の現状(世界と日本)
→山梨県内でも話題のメガソーラーについて

2)野菜工場 株式会社 スプレッド ~野菜工場の実態
野菜をいつでも確実に安全に供給する野菜工場を視察。
→そのメリットとデメリット

3)園部町農業公社 ~公社がやる道の駅、野菜工場
新光悦村道の駅と野菜工場。生産と販売を公社が一元的に見る。
民間の野菜工場との違いを視察。 
→米を有力商品に!(商品名 登録商標取得)

4)京都大学 ~産官学連携への取り組み
京都大学が行う様々な取り組み。山梨大学のような地方大学では何が問題なのか?を調査。連携の成果も視察しました。

 

 

平成23年11月定例県議会のクローズアップ

1)「富士山の日」制定の条例
 富士山に対する理解と関心を深め、豊かな自然や美しい景観などを後世に引き継ぐために、2月23日(ふ・じ・さん)を「富士山の日」とする。条例案を可決

2)おもてなしのやまなし観光振興条例案を可決
 観光立県として県や県民の皆さま、また観光業者の役割を定めた条例。

3)山梨県中小企業高度化資金の審議
 100億円を超える不良債権をどのように処理していくのかを審議。県は債権譲渡の方針を決めました。

 

編集後記

怒涛の2011年も11月定例県議会が終了し、無事に過ぎていきました。
2011年は自分が県議会議員にならせていただいた年。一生忘れることができない年となりました。「政治家の心はいつも有権者の皆さまの一番近くにいなければならい」とお訴えをした初心を今後とも忘れることなく、ガッツで進んでいきたいと思っております。今年も30代のパワーを思いっきり県政にぶつけて参ります。どうぞご期待ください!

 

 —————————–

 まなぶ日和のpdfデータがダウンロードできます。

まなぶ日和vol.3←こちらから

※4.0MBほどあり少し重めですのでご注意ください

本年も宜しくお願いいたします!

ガッツ山梨!永井学です。

2012年最初の更新です。

今年もガッツで山梨を元気にして参りたいと考えおります。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

皆さん、2012年!どのように迎えられましたか?

自分も正月より様々な行事に参加しました。

そではダイジェストで、どうぞ!

1月3日 稲積神社の奉仕で、お焚き上げをお手伝いしました。

これだけの煙を浴びれば、今年一年は大丈夫な気がします。

続いては1月6日、甲府商工会議所等経済団体3団体の新年互礼会に出席しました。

普段お会いできないような方々も沢山出席され、様々なお話を伺いことができました。

毎年、この互礼会の食事は、山梨県産の物がでてきます。

そして1月9日。甲府市出初式に参加しました。

1年の初めにこのような厳粛な会に参加できてとても光栄です。

ハッピ姿が中々似合わないのはご愛嬌ということで。

梯子の演技の時にでた「がんばろう日本」の文字を見て今年もやろう!

という決意を新たにしました。

 

激動の2011年を終え、今年の4月で県議会議員になって1年となります。

自分のテーマである「子育て施策」「高齢者の方々の生きがいづくり」

「甲府中心市街地の活性化」に積極的に取り組んでいくことはもちろん、

新たな分野も積極的に勉強し、活動をして参りたいと思います。

どうぞ、本年もご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

 

ありがとうございました!

ガッツ山梨!永井学です。

激動の2011年も、あと数時間で幕を閉じます。

今年は自分にとって非常に思いで深い

年となりました。

皆さんのご支援を頂き、県議会議員として

仕事をさせていただけるように

なったこと。

子供を授かったこと。

多くの仲間ができたこと、などなど。

間違いなく忘れられない1年です。

また来年もガッツで動き廻ります。

何卒、ご指導ご鞭撻を賜れますよう

お願い申し上げます!

全ての皆様に素晴らしい新年が訪れ

ますように!

山梨県議会議員 永井学

踊る が終わっちゃう!

ガッツ山梨!永井学です。

突然ですが、皆さん大好きなドラマや映画ありますか?

自分、踊る大捜査線が大好きです。

DVDも全巻持ってますし、映画も全て劇場でみました。

数々の名言や名場面。何回励まされたことか…

特に和久さんの

正しいことをしたければ、偉くなれ!

この言葉は意味深で、大好きです。

そんな中、シリーズがついにファイナルを

迎えるというニュースが飛び込んできました。

舞台は前回の映画から二年後の設定だそうで、

集大成に相応しい内容になるそうですよ。

来年9月公開予定なんだとか。

自分も青島刑事の突破力!を見習いながら、

議会活動をしていきたいです。

現場が世の中を動かしているんだ!

と信じて!

山梨県議会議員 永井学

大掃除!

ガッツ山梨!永井学です。

今日は会社と事務所の大掃除の日です。

昨年の暮れには何もできずに1年過ごしてしまいましたので、

事務所を大幅にリニューアルしました。

机の整理もダンシャリの気持ちで、勢いよく色々な物を捨てました。

やはり捨てる勇気って大事ですね。

 

議会の資料も整理しました。たった8ヶ月なのに、こんなにも沢山の資料。

しっかり整理して、いつでも活用できるようにしなきゃ!

 

机の中の整理もするのですが、想い出に浸って掃除が進みません。

 

さぁ、明日、明後日は家の大掃除!今年もいよいよ大詰めですね!

 

山梨県議会議員 永井 学

まなぶ会

ガッツ山梨!永井学です。

異業種の会で、まなぶ会という会を

作っています。これは自分の会では

なく、様々なことを学ぼうとする会です。

今日はその忘年会!次年度の活動内容を

話し合ったりしました。

山梨県、甲府市の活性化の為これかはも、

頑張ります。

まなぶ会の活動にご期待ください。

山梨県議会議員 永井学

ロータリークリスマス会

DSC_0355.JPG

ガッツ山梨!永井学です。

今日は甲斐ロータリークラブの

クリスマス例会でした。

ウクレレの演奏や、ビンゴ!

楽しい一時でした。

あまりクリスマスな雰囲気がなかったので、

バッチリ楽しみました。

たまにはいいですよね?

家族も参加し、ビンゴを当てまくっていました。

今年はついてます!

山梨県議会議員 永井学

クリスマス、年の瀬を感じています。

ガッツ山梨!永井学です。

今日はクリスマス。皆さんいかがお過ごしですか?

自分は午前中、所用があり外へ。午後は事務作業です。

たまってるんですよね!事務(笑)

 

それにしても、年の瀬を感じるのは今年の報道特番が多いこと。

県内の放送局も、今年1年の山梨の動きを特番でやるとのことです。

そうです。まだ議員になって1年経ってないんですよね。

本当に、色々なことがあった1年でした。

今年の総決算ブログはまた別の日に書きます。

クリスマスな日に、年の瀬をどっぷり感じました。

さぁ、今宵はどんなクリスマスになるのでしょうか?

 

山梨県議会議員 永井 学

クリスマスイヴの想い出と共に・・・

ガッツ山梨!永井学です。

皆さん、クリスマスイヴ!いかがお過ごしですか?

自分は、今、中道から帰ってきて久しぶりに、事務所で作業をしています。

街はクリスマス色いっぱいですね。

 

小さい頃、自分は真剣にサンタはいるものだと思っていました。

少し大きくなって、サンタは両親が、特に父親がなっているのだと周りから聞きました。

でも、永井家は父親が旅行会社でしたので、ほとんど家にいません。

特に年末のこの時期、添乗に出ることが多く、プレゼントのほとんどは母か祖父母からでした。

 

さらに大きくなって、高校2年の時、父から初めてプレゼントをもらいました。

朝起きると、机の上に大きな包み。開けてみると中には、

「小説吉田学校」という近代政治史を舞台に書かれた本が全巻そろっていました。

その本を一心不乱に読みました。

これがきっかけで、自分は政治という世界に興味を持つようになります。

そして、今、県議会という大きな舞台で働かさせていただいています。

 

一つのプレゼントが、その人の人生を大きく変えてしまうことがあります。

父からもらった初めてのプレゼントは、自分の人生を大きく変えました。

奇しくも今日は父の一周忌。改めて父が残してくれたこのチャンスを心より

感謝したいと思います。

 

あなたにとって今年のクリスマスが人生を変えてしまうくらいの、

忘れられないクリスマスになりますように。

メリークリスマス

 

山梨県議会議員 永井 学

 

 

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes