facebook_link
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



69 / 70« 先頭...102030...6667686970

甲府市内の高校で・・・

母校 國學院大學の同窓会(院友と呼びます)で、進路相談が活発になる
この時期、同窓生が県内の高等学校を廻り、大学をPRするという活動を
しています。

この活動に参加してきました。

同窓会事務局に参加させていただきながら、この活動に参加したのは、
今回が初めてで先輩と2人でタックを組み甲府市内5つの高校を廻って
参りました。

平日の昼間ということもあり、校舎内には沢山の生徒さん達が!

廊下で自分達とすれ違うと、「 こんにちは! 」という大きくて元気な声。
男の子も、女の子も、そしてどの高校に行っても。これは驚きでした。

昨今、高校生の様々なことが問題になったりしますが、あれはやはり
報道の一部なんだと感じました。

様々な問題を抱えてはいるのでしょうが、元気に挨拶!
これが知らない人に恥ずかしげもなくできているうちは大丈夫!

とてもすがすがしい梅雨空の午後でした。

富士山に思うこと

今日は七夕ですね。あなたはどんな願いをかけますか?自分は・・・

さて、先日7月1日に富士山の山開きのニュースが全国版でも放映されていました。
そのニュースを見て、ひとつ気になることが・・・

「7月1日、富士山の山開きですが、残念ながら雪が残り8合目までしか登れません。
 しかし、山梨県側からは登れるようです」

こんな感じで放送されていたと思います。
何か感じませんか?

そう!静岡側目線でニュース原稿が書かれていること。山梨側から登れるのであれば、
むしろそちらの方をメインに紹介すべきではないかと思うのです。

先日、某テレビ局で環境の特集をやっていた時も、「富士山クリーン作戦」と
いいながら、静岡側しか清掃していないのをみて、「逆側もあるぞ~」と感じて
いました。

ここで言いたいのは、富士山は静岡の物とか山梨の物ということではありません。
全国ニュースの原稿を書く記者ですら、「富士山=静岡」という図式を持っている
ということに危機感を感じているのです。

山梨県には全国にそして世界に誇れる富士山があるということを
もっともっとアピールしていかなければいけないと痛感させられた出来事でした。

織姫様、彦星様 どうか山梨県の知名度がもっとあがりますよう~にw

ヴァンフォーレ甲府 VS 栃木SC



J2第25節ヴァンフォーレ甲府vs栃木SCの試合を、小瀬陸上競技場に見に行って
参りました。

全51節あるうちの25節目ですから、調度半分!折り返しということになりますね。
30分早く始まった「C大阪 VS 仙台」の結果いかんによっては、3位浮上という、
大事な試合でした。試合は惜しくも同点という結果。

入場者数はおよそ1万1千人だったそうです。1万人が集まるイベントが月に数回ある
ということだけでも、プロサッカーチームが故郷にあるありがたみを感じます。
純粋に、オラが村にプロのチームがあるということはうれしいことですよね~。

いつもは新聞で、結果のみのチェックですが、やはり生は違います。以前、来た時より
応援の勢いが増した気がします。昇格圏内を争っているからでしょうか?1試合1試合が
本当に重要ですよね。

この「青い大きな波」が大きくなれば、山梨が甲府が、元気になること間違いなし!

暇を見つけて、また応援に行こうと思いますw

ギレン・ザビが甲府出身とは・・・

昨日の夜。先日「山梨映画祭」の会議に出席させてもらった時に

お会いをした方と、自分の先輩と3人で夕食を食べました。

昨年行われた映画祭の話などを聞きながら、楽しい時間を過ごしておりました。

その中で出たお話で一番驚いたのが(これ以外にも驚いたことはあるのですがw)、

銀河万丈さんが、甲府出身だったということ。この方、アニメの声優さんです

昨年の映画祭にいらして語り部をしてくださったということでした。

何がビックリかというと、この方、あのガンダムのギレン・ザビの声を

担当されていたです。

「機動戦士ガンダム」は79年にテレビ放送を開始、今までにないロボットアニメ

として、一世を風靡したアニメです。

アニメとバカにすることなかれ。大人が見ても非常に深い場面が多々ちりばめられて

おり、政治的に参考になるところも多数盛り込まれております(そのことはまた後日)。

そのアニメに登場し、しかも、非常に人気の高いキャラクターの声優さんが、

山梨県甲府市出身だったとは、本当に勉強不足でした。

今年も、秋に「第5回山梨映画祭」が行われます。また銀河さんが来るかは

わかりませんが、山梨の文化を考える上でのキッカケになるようなイベントだと

思います。詳細が分かり次第、またブログに掲載いたしますが、参加してみる

価値のあるイベントだと思いますよ。

自転車通勤はじめました!

たまにはプライベートなことも書かせていただきますね。
最近、夜の会合も増えお酒等をいただく機会が増えました。
若い、若いと言われながらも自分も30代半ば。
やはり体重が増えてまいりました。
そこで、長年使わずにしまってあった自転車を引っ張りだし、
自転車通勤を始めました。
その自転車が、こちらです。
20090516-自転車.jpg
今の時期の自転車通勤は本当に気持ちがいい。
また、普段車では気がつかない風景とも出会えます。
季節の移り変わりはもちろんですが、朝の交通事情。
通勤する高校生の人たち。そこを横切る車のスピードの速さには驚きます。
自分も意識はしてませんでしたが、今後ハンドル握る意識も変わりました。
何をするにも身体が基本。
きたるべき日に備えて、しっかり身体も鍛えようと思います。

民主党代表戦で考えさせられること

前回更新から日がかなりたってしまいました。
申し訳ございません。ご無沙汰をしております。

さて、小沢氏の代表辞任でにわかに後継がきになってなってきました「民主党」。
テレビでも、岡田氏か?鳩山氏か?なんてしきりにやってますね。
今回は少しミーハーで素人な意見ですが、自分は現時点で「岡田氏」が適任だと思います。なぜか?

1 対外的イメージ
鳩山氏は、小沢氏の幹事長でした。党首と幹事長といえば一蓮托生。
やはり「小沢院政」のイメージは払拭できません。

2 外見的イメージ
これはあくまでも外見的イメージですが、鳩山氏の印象は暗くどうしても
期待感がもてません。やはり55歳という年齢、外見的イメージからいっても
岡田氏が妥当だと思われます。

しかし、現在は小沢氏が押す鳩山氏がリードな状況だと、マスコミは
声高らかにうたっています。司令塔不在の期間をできるだけ短くしたいという
もくろみはわかりますが、しっかりとした政策論争もろくにないまま、
次期政権を狙う政党の党首が決まってしまうのはやはりし寂しい気がします。
16日に投開票というのは、やはりあせりすぎではないでしょうか?

今回のことを見て、どこを向いて誰のために政治をやるのか?
またその意志をどう示していくのか?ということの大切さを勉強させられた気がします。

民主党はどちらを向いて党首選挙を行うのでしょうか?

いずれにせよ16日が楽しみです。

定額給付金!

2兆円規模といわれる「定額給付金」

国民一人当たり1万2千円を配布するという麻生総理肝いりのこの施策。

皆さんはどう思われます?

テレビを見てもほとんどが、違うことに集中投資をした方がいいという意見が

大半です。今の自民党の国会議員の先生方は本当にこの「定額給付金」が

いいと思っているのでしょうか?国家国民のためを考えたら答えは明らかですよね。

というわけで、先日読売新聞にこんな記事がのっていましたのでご紹介します。

「2兆円あればこんなことができます」


1)年収200万円の雇用を100万人分(1年間)

  これだけ多くの人間を雇用できるとは!でもそんなに仕事があるのでしょうか?w

2)全国の公立小中学校の芝生化、太陽パネルの設置

  校庭でノビノビ運動をする子供たち。そして環境にも配慮した施設。
  環境教育にはもってこいですよね!

3)H2Aロケットを200本製造と打ち上げ

  200本はどうでしょう?上げすぎ?

4)片側2車線の道路約400キロ(東京~岐阜・関が原)

  道路族もこれで納得?(笑)

5)海上保安庁の巡視船400隻

  これで北朝鮮からも不審船が入ってこられません。

6)東京湾アクアライン1・5本分

  1本で十分ですが・・・w

7)イージス艦14隻(現在は6隻)

  イージス艦って高いんですね。さすが最新鋭。

どうですか?これだけのことができる。全国に20づつ特別養護老人ホームを作れる!

なんて朝のワイドショーのキャスターが言っていましたっけ?

「やはり福祉のためにこの2兆円は使います!」なんて公言したら、一発で支持率が跳ね上がると

思うのですか・・・・

皆さんはいかがお考えでしょうか?

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

本年も変わらず「永井 学(ながい・まなぶ)」を宜しくお願いいたします。

昨年は、100年に1度と言われる恐慌が訪れ、政治も経済も大混乱な年でした。

今年は是非、平穏な年にしたいものですね。楽観しすぎでしょうか?

また、楽観視ばかりできないのが、今年9月までに必ず行われる「衆議院議員選挙」。

現在、行われている政治を客観的に見つめて、自分も投票行動を行いたいと思います。

昨年はブログを立ち上げたもののサボりがちでしたので、できる限り更新をしていきたい

と思っています。(まぁ、いきなり所要の為1月22日までは更新できないのですが・・・)

今年も政治活動以外にも様々な場面にでて、見聞を広げて参りたいと思います。

どうぞ、変わらぬご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

平成20年度沖縄 甲斐の塔慰霊巡拝団


「平成20年度 甲斐の塔慰霊巡拝団」の方々の添乗にいきました。

甲斐の塔ってごぞんじですか?


<甲斐の塔とは・・・>

太平洋戦争における山梨県関係者戦没22,051柱を慰霊するため、

沖縄県島尻郡八重瀬町の具志頭城跡に、昭和41年11月8日

総額535万円をかけて建立した。石はすべて山梨県産のものを使用している。

そして毎年この建立された11月8日に式典を行うということになったそうです。

今回は11月7~9日の2泊3日の行程で行ってまいりました。

巡拝の旅ということもあり、甲斐の塔の式典以外に主にそのようなところを廻りました。

(旧海軍指令壕や平和記念資料館など)

この式典は当然心に残ったのですが、特に印象に残ったのが「ひめゆり平和祈念資料館」。

当たり前じゃないかって?いやいや、ドラマや小説等でこのお話はしっていましたが、

実際彼女達がいた第3外科壕を見、資料館である方の語り部を聞いたら、そんな映像の比ではないくらい

衝撃をうけました。

まず、簡単に「ひめゆりの塔」の話を・・・

         ひめゆりの塔

<ひめゆりの塔とは・・・>

昭和20年4月米軍沖縄上陸とともに、特志看護婦として陸軍病院に従軍した、

沖縄県立第一高等女学校と沖縄師範女子部の生徒203名および職員16名が、

6月19日アメリカ軍に包囲され降伏を迫られたが、この洞窟の中で若き命を絶った。

この「ひめゆりの塔」に併設されているのが、「ひめゆり平和祈念資料館」。

ここで自分はある方の語り部を聞きいました。年のころ70代後半から80代くらいでしょうか?

当時の様子を淡々と、そして涙ぐみながら話してくれました。

最後に「私はこのひめゆりの生き残りです」と。そう、あの悲惨な戦争を体験された方だったのです。

あまりに描写が鮮明で、話すこともききとしていましたのでどういう人かと思っていました。

感動というか衝撃のあまり、しばらくその方から目が離せなかったほどです。

最後にその方の言った言葉が忘れられません。

「戦争を起こすのも人間、それを2度引き起こさないようにするのもまた人間なのです。」

年に何回かはこのようなことを考える時間が必要だと痛感しました。また、戦争を知らない自分たちは、

この過去の戦争を深く理解し、知る義務があるのだとも痛感しました。

非常に考えさせられ、心に残る添乗でした。

榛名女子学園

「非行少年」と言われる少年が年間どれくらいいるか、

皆さん、ご存知ですか?いわゆる家庭裁判所に送られた少年

(起訴猶予や不起訴処分も含む)は年間約20万人なんだそうです。

そのうち少年院に入るのは4%にあたる4000人全体の2%が

全国にある少年院で更生指導を受けます。

先日、自分が所属します「更生保護雇用主協力会」の研修で、

群馬県にあります「榛名女子学園」という、少年院に行って参りました。

近くに榛名山や赤城山を望む風光明媚な場所にあります。

ここは名前のとおり女子専用の施設で、関東には2つしかないということ。

皆さんは少年院と少年刑務所の違い、ご存知ですか?

少年院は保護し更生させる施設。少年刑務所は刑罰を与える施設のことをいいます。

さて、こちらの少年院14~20歳の女性が97名いるということ。

外に自由にでられないだけで、月曜日~金曜日までは授業を受けたり、職業訓練を受けたりしています。

ヘルパーの資格や販売員の資格などをとる為、真剣な表情で受講していました。

一心不乱に勉強に励む姿は、本当に非行を犯したのだろうか?と思うほどまっすぐなものでした。

所長さんのお話による、彼女たちが非行にはしる一番の原因は「家庭環境」なんだそうです。

施設にくる5~6割の人は、親からの虐待を受けているとのこと。

所長さんはいいます。「彼女たちは愛情に飢えているだけ」だと。

「三つ子の魂百まで」という言葉がありますが、あれは本当なんだ!とも話されていました。

親の身勝手な行動で、未来ある子供の資質を捻じ曲げてしまう。

今日「19歳の娘を小学校3年生のころから監禁」なんてニュースでみました。

親の責任はもちろん児童相談所や行政もうまく連携をして、こんなニュースをなくし、真っ直ぐな心をもつ少年が

非行に走らない体制作りを早急に進めねばと感じました。
69 / 70« 先頭...102030...6667686970
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes