facebook_link
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



自分の街!

先日、ある無尽仲間と「甲府の活性化について」の話をしていた時のこと。

「この街は自分の街だ。自分の家に勝手にゴミを捨てたり、汚くするヤツがいるか?」

ということを言っていた人がいました。

この街が、「自分の街である」と考えることができれば、

道に落ちているゴミなんかも、人の目を気にせず拾うことがきますよね。

自分の家の庭に落ちているゴミは拾いますもん。

この考え方、ものすごく共感しました。

自分もボーイスカウトで、子供達に「落ちているゴミは拾おう!」なんて

いいながら、意外と拾えてなかったことが多かった気がします。

自分の街であるという意識をもちつつ、これからはふとしたことも実践して

いきたいと思った出来事でした。

富士の国 やまなし館

2009091517244100-
甲府商工会議所観光運輸部会の研修に行ってまいりました。

今回の研修のメインは、各都道府県のアンテナショップの見学です。

沖縄⇒北海道⇒鹿児島⇒京都⇒山梨 と5つのショップを見学。

平日の昼にも関らず、各県すごい人だったのにはビックリしました。

さすがに、最近話題のアンテナショップ!各県趣向をこらしています。

そんな中、我、山梨館も相当工夫されていました。

まず、ロゴ。非常にお洒落!他県のものより断然お洒落です。

そして、ディスプレー。さすがに西友出身の館長さんが手をかけているだけあって、

売ろうという意識が全面に感じられます。ワインをメインに様々な特産品が置かれていました。

観光案内も、若干種類は多すぎるかな?と思いますが、それでも、欲しい情報は手に入ると思います。

ただ一つ、残念だったのは観光情報の専門員がいなかったこと。

会計係をかねてもいいので、観光情報の前に常時誰かがいるようだと、

山梨の観光情報がより伝わりやすいのかな?と感じました。

場所は、日本橋高島屋のすぐそば 中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1Fです。

東京駅八重洲北口から4分です。
03-3241-3776

山梨を東京の方々に発信する重要なショップ。東京に行かれた際には一度訪れてみてはいかがでしょうか?

永新会拡大役員会

9日、甲府市内にて、私の後援会 「永新会」の拡大役員会が行われました。

久しぶりの演台に立っての演説。やはり、身が引き締まりますね。



会では、これまでの経過報告やこれからの活動についてのお話をさせて

いただきました。もっともっとご意見を伺える時間をお取りすればよかった。

これからはまた、小集会や無尽に出席することが多くなると思いますが、

たまには広い会場で多くの方達が一同に会すという機会も重要だなと

感じました。

ご出席いただきました皆様。ありがとうございました。

新しいロゴができました!

9月になってめっきり暑さがやわらいできていますね。

朝起きて、少し肌寒いことにびっくりしました。

さて、次回決戦まで2年を切りました。ここら辺で心機一転して、

新しいキャラクターを作成しようということになり、この度完成いたしました。

色々な方の意見を伺いつつ、とにかくインパクトのあるものを!ということで

イラストで作成することに。

完成したロゴがこちら!



どうです?かなり似てると思うのですが。

このイラストを名刺に印刷し、活動していきます。

このブログの中でも、チョクチョク登場すると思います。

永井学Jrをどうぞ末永く宜しくお願いいたします。

歴史的な選挙に・・・

第45回衆議院議員選挙が終了しました。

民主党大勝、自民党惨敗という選挙になりました。

皆さん、この結果をどうお考えでしょうか?

民主党は言っていた政策が遂行できるのか?とか、

どんな組閣が行われるのか?とか、色々なことを考えますよね。

圧勝した民主党のことはさておき、自分が考えたいのは自民党のことです。

実は、かなり期待をしています。

「自民党がダメだったから今回の結果なのに永井はなにを言う」と

おっしゃる方もいるかもしれません。

が!しかし・・・

細川政権下で短期間野党だったものの、これだけバッチリ野党になるのは

長い自民党の歴史の中で今回が初めてですよね。

そこで期待をしたいのが、野党としての自民党の存在意義。

政権を担当し、経験したからこそ出てくるよい意見がどんどん民主党にぶつけられ

そうだと思いませんか?

ただ反対!だけではなく、キッチリとした政策論争が行われると思うのです。

より現実的な意見をぶつけ合うことで、今までとは違う国政の形ができあがってくると

自分は考えます。

今回の選挙の敗北の検証と新しい総裁の下、攻める野党の姿勢を貫きとおす

ことができれば、自民党は大きく生まれ変われると思います。

そして、何より、大きく膨れ上がった権力を最終的に的確に歯止めを

かけられるのは自民党しかいないのですから・・・

その日が、近づいてきましたね!

いよいよ今週の日曜日。運命の衆議院選挙の投票日!せまって参りました。

営業に出ても、「来週の今頃は世の中がどう変わってしまうんでしょうね?」
なんていう話が、すっかり話題になっています。

さて、そんな中、鹿児島では「繰上げ投票」というものが、はじまっているそうです。

27日午前7時から、鹿児島1区にある離島の鹿児島県三島村と十島村、鹿児島県
久島町口永良部島のあわせて14投票所で!

開票こそ、30日に行われるそうですが、締め切りは今日の4時から6時まで!
各島の交通機関が船に限られるため、台風などによる天候悪化に備えて、
国政選挙では、繰上げで投票が毎回行われているそうです。

場所によっては、すでに決戦の火蓋がきって落とされている今回の選挙!

結果やいかに?

選挙豆知識!ポスターの順番

18日、衆議院議員選挙が告示されましたね!
党首の第一声などが、ニュースで大々的に取り上げられていました。

ところで皆さん、告示と同時に張られるポスター。目にしますよね。
あの順番ってどうやって決めているか知ってます?

あれって、くじ引きで決めてるんですよ。
実は6年前の知事選挙の時、事務所を代表してクジを引きにいきました。

多分、衆議院の選挙も同じだと思うのですが・・・

1 まず、選挙管理委員会が指定する場所(自分が行った時は県民会館の建物でし   

  た)へ行きます。確か朝の7時くらいだったと思います。

2 各候補者の代表が会場到着順に座ります。

3 その順番で、くじを引く順番のくじをびきをします。

4 1~50の数字が書いてある棒を、決まった順番で引いていきます。

数字が少なければ少ないほど、登録番号が若くなります。つまり・・・

A候補 16 B候補 29 C候補 5  D候補39

だとすると、ポスターの掲載順は、C⇒A⇒B⇒D となるわけです。

ポスターの順番が決まると、事務所に電話。一斉にポスターが貼られるわけです。

意外や意外、くじ引きという古典的な決め方をしているんですよ。

これじゃ、ジャンケンでもいいような気もするのですがw

以上、選挙豆知識でした。

ソムリエ・ドヌール

11日、富士屋ホテルで行われた「横内正明知事のソムリエ・ドヌール就任式」と
その祝賀会に参加して参りました。

この名誉ソムリエ、ソムリエ協会が認定し、知事で138人目なんだそうです。

横内知事の秘書を勤めさせていただいた時、よくワインを飲みながら
(といっても、がぶ飲みしながらですが)色々なお話をしていただいたことを
思い出しました。

祝賀会では、県内の赤白ワインが様々試飲でき、お料理もすべて県内産の
お肉やお野菜が使われるという徹底ぶり。

様々な方にもお会いでき、充実した時間を過ごさせていただきました。

夏の高校野球にて・・・

夏といえば、「全国高校野球選手権大会」!今年で91回目を迎えるそうです。
8日からいよいよ開幕ですね。毎年、ついつい車を脇に止めて観戦してしまいます。

山梨県代表の「山梨学院」には是非!健闘をしていただきたいと思います。

そんな中、今日のテレビで、岩手県代表 花巻東高校のエース菊池選手の

インタビューを見ました。

花巻東といえば、今年の春。長崎の清峰と決勝を戦い、惜しくも敗れ準優勝だった
チームですよね。この時、この菊池君が「神様がまだ自分には早いと言っている」
という言葉を聞いて、なんてストイックな選手だと思いました。

今日見たインタビューで印象に残っているのが、まず、花巻東の選手はオール岩手県民
であるということ。そして、選手が口々に「岩手県愛」を発していること。その報道によれば、
岩手県の夏の大会での勝率は全国で46番目なんだとか。だから、彼らは「オール岩手」で甲子園優勝というのがこだわりであり、夢なんだそうです。

「自分達のチームが甲子園で活躍することで、岩手県に少しでも恩返しできれば・・・」

正直、胸を打たれました。これだけの郷土愛はナカナカないと思います。
しかも、彼は18歳。素晴らしいことだなと思います。
野球以外にも、精神修養で読書をしているそうです。

最後に映ったシーンで、菊池選手は日課であるトイレ掃除をしていました。

専門家に、「高校生の中に、1人だけプロがいる」といわしめた選手のその姿に、
色々なことを考えさせられました。

いつも謙虚、それでいて着実に前に進む。自分もそんな人間でありたいと思います。

裁判員裁判

いよいよ始まりました。裁判員裁判。

民間の人間が、抽選で選ばれ裁判を行う。

自分はかなり関心をもって見ていました。

昨日4日。裁判員による初の質問が行われたそうです。

それは、被害者遺族に対して。

「最初の調書と後の調書、お母さんに対しての発言が食い違っていることに
違和感を感じるのですが・・・」

こんな内容だっと思います。
テレビ報道等によれば、普段の裁判だったら見過ごされているような内容だった
そうです。

この制度についての賛否はありますが、司法の専門家の考え方だけでなく、
一般の人の考え方も裁判にいれるということは、有意義なことだと考えます。

ただ、初日。裁判所が47人呼び出しをしておいて4人しか選ばない。

しかもそれを当日に決めるというのは、いくら義務とはいえ、なんとかならない
ものでしょうか?なるべく裁判員の精神的な負担を軽くする。という配慮が
、特になされているのであれば、このことも含めて改善の余地がまだまだ
あるのではないでしょうか?

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes