facebook_link
2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



71 / 73« 先頭...102030...6970717273

マニフェストが・・・

さぁ、いよいよ総選挙までちょうど1ヶ月となりました。

最近、街頭に立つ各候補予定者の方も見かけるようになりました。
街頭で演説されている方の話は、勤めてじっくり聞くようにしています。

そんな中、いよいよ各党のマニフェストがぞくぞく出揃ってきましたね。
明日、31日には、いよいよ自民党のマニフェストがでてきます。果たして、
民主党やその他の政党とどのように違うのでしょうか?楽しみです。

ちなみに、民主党さんのマニフェストは、ホームページからダウンロード可能です。
興味のある方は是非、覗いてみてください。

附属中学校同窓会

山梨大学教育学部(現人間科学部)附属中学校。
自分が卒業をして19年という歳月が過ぎました。早いものです。

そんな中学の同窓会に参加をして参りました。

想像をはるかに超える人が来場し、ものすごい熱気。
恥ずかしながら、こんな方も先輩だったんだ。なんて方が結構いらっしゃいました。

恩師の先生いらっしゃり、大変な盛り上がりだったと思います。

3年に1度の全体同窓会。同じ校歌の元に集い話をする機会っていいものですね。
また、参加したいと思います。

マニフェストって・・・

先ほど閣議で解散が決定されたそうです。いよいよ、8月下旬に総選挙が行われます。

さて、今回は政権選択選挙とも言われる重要なものですが、
ここで今まで以上に重要となってくるのが「マニフェスト」ですよね。

このマニフェスト。語意をヤフーの辞書で見てみましょう。

マニフェスト manifesto

政権公約。選挙公約集。選挙の際に政党や候補者などが示す政策綱領のこと。
従来の選挙公約が具体性を欠く抽象的なものであったことから、従来型の選挙公約
と区別して、政策の目標数値達成期限財源工程などが具体的に明示された
選挙公約をいう。

上記を読んで何かお気づきになりませんか?

マニフェスト自体は、政権公約であり、政党や候補者が示す政策綱領のことです。

しかし、従来型の選挙公約とは区別して、目標数値や達成期限なども明示された
公約のことをいう。と書いてあります。ここで一つ素朴な疑問が・・

こうなりますと、個人が各々にだす公約をマニフェストといってもいいのでしょうか

マニフェストは政権公約なのです。ですので、同じ党で別々のマニフェスト
ということは、あってはならないことだと思います。

この事業を(もしくは課題を)、何年後までに、このような財源で、こういう過程で、
やります。というのがマニフェストなのですから、同党に所属しながらこれが違う
ということであれば出す意味がなくなってしまう。

日本で2003年、まさに「マニフェスト選挙元年」称し、

ネコも杓子も「マニフェスト」を作った時に見たニュースでこんなことを言って
いたことを鮮明に覚えています。

「日本で導入されているマニフェスト選挙は、イギリスのそれを手本に作られています。
イギリスでは、国会議員の選挙に際して各政党がマニフェストとよばれる
選挙公約集を刊行します。それは、各政党が政権を獲得した時に、必ず実現する
政策を具体的に示した政策綱領であり、有権者に対する契約誓約という意味を
もちます。」

有権者に対する「契約・誓約」であるマニフェスト。1日も早く各政党のそれが

でそろい、政権選択の判断指針が増えることを切望します。

出会いが全て・・・

今日はもう一つ。

自分も色々な活動を通して、多くの方と出会います。
その一つ一つが非常に貴重で、大切なものです。

人との出会いがあって、色々な方の力を借りて今の自分がいると思っています。

そんな中、つい2~3ヶ月くらい前に知り合い非常にリスペクトしている方と
昨日サシでお話をさせていただきました.

あまりそんなことはないのですが、本当に急激に親しくなりました。
(少なくとも自分はそう思っていますw)

お仕事の話、自分の活動の話、くだらないプライベートな話などなど、
本当に有意義な時間でした。

その方から、宝物のようにいただいた言葉。これがかなりイイのです。

凹んだ時、少し立ち止まって考えたい時に繰り返し読んでいます。

どんな言葉かって?

書きませんよ~。ここにはw大切な宝物ですから。。。

こんな出会いを繰り返して、また前に進める。最近、自分は一人じゃないという

ことを痛感します。

出会いが全て

永井学は色々な出会いを通じて、少しずつではありますが、
確実に成長していきます。

さて、今夜はどんな出会いが待っていますかw

廃案になってしまう・・・

この3連休。
衆議院議員の皆さんは、選挙区に入り解散前最後の挨拶廻りをされるんでしょうね。
まさに、決戦近し!という様相になってきました。

来週中には解散。8月18日告示の30日投票という日程で進んでいくのですね。

解散、選挙。これはいいでしょう。衆議院ですし、さすがにほぼ任期まるまる
やってるわけですから、もうそろそろ改選の時期っすよね。

でも、一つ気になることがあります。ニュースでもガンガンン報道していますが、
積み残しの法案がすべて、廃案になってしまうこと。野党欠席の今、会議を
開くのが不可能な中、継続審議という道も残っていません。審議未了で廃案
となるわけです。

そう、今回白紙になったものは、また全て1から作り直し、審議のしなおしを
しなければいけないのです。

都議選が終わり、翌13日は突然の解散宣言。その後を追うように午後
「問責決議案」を野党が提出しました。

せめてもの法案だけは、審議し、可決してほしいという政府側の要求も
「問責」を出し、参議院で可決されたあとだから、審議には参加できないとする
野党の方達のスタンスはどうなのでしょう?

再度、税金を使って審議するうんぬんより、例えば「肝炎対策基本法」、
例えば「北朝鮮関連船舶への貨物検査を可能にする特別措置法案」このように
重要法案が沢山あったんです(天皇陛下在位20年をお祝いする祝日法案
なんてのもありました)。

問責を可決してしまったし、ひっこみがつかなくなったのか。
いよいよ選挙モードとなっているからなのか。
でも、見栄やプライドのために、通すべきものを通さず、審議拒否という
やり方は、納得いきません。

その物を必要としている人間が、困っている人間がいる。1日も早くその法案を
通し、援助してもらいたい人たちが何百万単位でいる。

政治は誰のためのものなんでしょう?政治家はなんのために政治家を
やってるんでしょう?

基本を忘れて、選挙モードにひた走る姿にかなりのショックを受けました。

山梨県のアンテナショップ

お昼に商工会議所の部会に参加しました。
職業柄、「観光運輸部会」に所属しています。

今日の会議ではこの秋の研修旅行についての話がでました。
そこで話題になったのが、各地方自治体が公認で東京に出店をしている
アンテナショップについてです。

昨今、テレビでも話題になっていて、アンテナショップめぐりなんてのも
あるそうですよ。

各地方自治体の個性と良さを大都会東京でPRする絶好の場所。
山梨県もここ数年かなり力をいれているようです。
山梨県のショップは「富士の国やまなし館」。08年にデパート業界出身の館長さんが
就任されて、売上を伸ばしています。

都内のショップを数件めぐれば、日本全国を旅しているような気分に!

しかし、恥ずかしながら実際のお店を見に行ったことがありませんでした。
9月の研修では、この山梨館も含めたアンテナショップを巡ることになりました。
どんな創意工夫がされているのか、今から楽しみです。

関東は梅雨明けですが・・・

関東がいよいよ梅雨明けしました。例年より6日、昨年より5日早いということです。

特に関係はないですが、民主党幹事長の岡田さんは今日が誕生日だそうです。

政局もカラっと梅雨明け!総選挙へまっしぐらですね。

でも、国会ってまだ終わってないでんすよね。

今日の新聞に重要法案がかなり廃案になると書かれていました。

日本は今、どこに進んでいるのでしょうか?

風は吹き続けるのか?

東京都議会議員選挙が終わりましたね。

自民 48 → 38 (-10)

民主 34 → 54 (+20)

公明 22 → 23 (+1)

共産 13 → 8 (-5)

すさまじい結果ですね。結局、テレビで大々的に取り上げられているように

自公で64の過半数には届きませんでした。

政策や候補者の力量は関係なく、大きな風が吹いた結果だと思います。

大きな風が吹くということは、そこには吹く原因がある。

見定めて対応するということも、もはや傷を最小限にとどめるという
ことになるでしょう。

8月30日、その時、風は吹き続けているでしょうか?

それとも・・・

東京出張!



null

9日より、1泊2日で東京へ出張してまいりました。

昨夜は、参議院議員衛藤晟一先生のパネルディスカッションを
拝聴しました。「これからの日本の福祉について」と題し、
衛藤先生を含めた4人のパネラーが討論するというもので、
通常の政治家のパーティーとは違い、趣向がこらせており大変勉強になりました。

ディスカッションの前に、自民党の幹部の方達が挨拶をされていましたが、
やはり話題は「都議選」「総選挙」のこと。キー局のテレビカメラが何台もきていました。

本日は、議員会館の仲間のところを廻っています。
何かと話題の地ですが、議事堂の写真も心なしか暗いですよね。
今の永田町の様子を投影しているようで。。。。

解散間近の永田町!いつもより、少し静かな気がしました。
嵐の前の静けさってやつでしょうか?

甲府市内の高校で・・・

母校 國學院大學の同窓会(院友と呼びます)で、進路相談が活発になる
この時期、同窓生が県内の高等学校を廻り、大学をPRするという活動を
しています。

この活動に参加してきました。

同窓会事務局に参加させていただきながら、この活動に参加したのは、
今回が初めてで先輩と2人でタックを組み甲府市内5つの高校を廻って
参りました。

平日の昼間ということもあり、校舎内には沢山の生徒さん達が!

廊下で自分達とすれ違うと、「 こんにちは! 」という大きくて元気な声。
男の子も、女の子も、そしてどの高校に行っても。これは驚きでした。

昨今、高校生の様々なことが問題になったりしますが、あれはやはり
報道の一部なんだと感じました。

様々な問題を抱えてはいるのでしょうが、元気に挨拶!
これが知らない人に恥ずかしげもなくできているうちは大丈夫!

とてもすがすがしい梅雨空の午後でした。

71 / 73« 先頭...102030...6970717273
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes