facebook_link
2022年1月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



平成20年度沖縄 甲斐の塔慰霊巡拝団


「平成20年度 甲斐の塔慰霊巡拝団」の方々の添乗にいきました。

甲斐の塔ってごぞんじですか?


<甲斐の塔とは・・・>

太平洋戦争における山梨県関係者戦没22,051柱を慰霊するため、

沖縄県島尻郡八重瀬町の具志頭城跡に、昭和41年11月8日

総額535万円をかけて建立した。石はすべて山梨県産のものを使用している。

そして毎年この建立された11月8日に式典を行うということになったそうです。

今回は11月7~9日の2泊3日の行程で行ってまいりました。

巡拝の旅ということもあり、甲斐の塔の式典以外に主にそのようなところを廻りました。

(旧海軍指令壕や平和記念資料館など)

この式典は当然心に残ったのですが、特に印象に残ったのが「ひめゆり平和祈念資料館」。

当たり前じゃないかって?いやいや、ドラマや小説等でこのお話はしっていましたが、

実際彼女達がいた第3外科壕を見、資料館である方の語り部を聞いたら、そんな映像の比ではないくらい

衝撃をうけました。

まず、簡単に「ひめゆりの塔」の話を・・・

         ひめゆりの塔

<ひめゆりの塔とは・・・>

昭和20年4月米軍沖縄上陸とともに、特志看護婦として陸軍病院に従軍した、

沖縄県立第一高等女学校と沖縄師範女子部の生徒203名および職員16名が、

6月19日アメリカ軍に包囲され降伏を迫られたが、この洞窟の中で若き命を絶った。

この「ひめゆりの塔」に併設されているのが、「ひめゆり平和祈念資料館」。

ここで自分はある方の語り部を聞きいました。年のころ70代後半から80代くらいでしょうか?

当時の様子を淡々と、そして涙ぐみながら話してくれました。

最後に「私はこのひめゆりの生き残りです」と。そう、あの悲惨な戦争を体験された方だったのです。

あまりに描写が鮮明で、話すこともききとしていましたのでどういう人かと思っていました。

感動というか衝撃のあまり、しばらくその方から目が離せなかったほどです。

最後にその方の言った言葉が忘れられません。

「戦争を起こすのも人間、それを2度引き起こさないようにするのもまた人間なのです。」

年に何回かはこのようなことを考える時間が必要だと痛感しました。また、戦争を知らない自分たちは、

この過去の戦争を深く理解し、知る義務があるのだとも痛感しました。

非常に考えさせられ、心に残る添乗でした。

Share on Facebook

1,079 Responses to 平成20年度沖縄 甲斐の塔慰霊巡拝団

  • NOR says:
    沖縄は10年以上前大学生の頃行きました。同じくひめゆりの塔なども
    見学しましたが、当時戦争について考えされたのを覚えています。
    今、自衛隊の幹部の方の発言が問題視されていますが、
    基本的に戦争は絶対肯定しはいけないということを考える
    べきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes