facebook_link
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



【妊婦さん必見!】産前産後相談と産後ケアセンター!

ガッツ山梨!永井学です。

みなさん!山梨県が産前産後のお母さん達をケアする施作を、

この冬スタートさせるというのをご存知でしょうか?

今まで支援がなかった産前産後のケア事業。

是非、1人でも多くの方に利用していただきたいと思います。

 

【産前産後電話相談】

まずは12日午前9時からスタートした「産前産後電話相談」。

なんと24時間365日、妊娠中、出産後のママやパパなどからの相談を

受け付けてくれます。育児についても3歳程度まどのお子さんに関する

悩みであれば応対してくれます。

 

相談窓口の電話  055−269−8110

 

出産前の不安な気持ちや、赤ちゃんの育児に対する相談など、

なんでも気軽に相談してください!

 

【産後ケアセンターが2月15日より開設】

育児への不安や負担感を感じやすい産後4ヶ月までの

ママ(場合によっては4ヶ月を過ぎてもいい)と

その赤ちゃんが宿泊しながら、お母さんのケアと育児に関する

相談、沐浴や授乳等の指導の支援を助産師さんが教えて

くださるセンターです。

 

3泊4日の基本コースがあります。

定額1泊2食付きで、利用者負担は1泊 6100円です。

ですので、3泊4日の基本コースですと、18300円かかります。

 

<申し込み方法>

まず、お住いの市町村の母子保健担当に妊娠届出時、

妊娠中から出産後、随時ご相談ください。

その後、利用日を直接センターと電話でやり取りをし決めていきます。

 

1 お住いの市町村の母子保健担当に連絡し登録。

2 その後、センターに連絡し日程の調整

 

尚、利用日の調整は昨年平成27年の11月から始まっています。

健康科学大学産前産後ケアセンター 055−268−3575

 

部屋は全6室あり、2部屋はご兄弟のお子さん(別途料金)も

泊まれる部屋、4部屋はママと赤ちゃんだけのものです。

尚、パパは泊まれないとのこと。沐浴の仕方などはお父さんも

知っておいた方がいいと思うのですが・・・

お父さんも参加できる仕組みは、今からの課題ということで!

 

甲府市が詳しく特集しているページ(←をクリック)

があります。参考までに!

 

以上、2つの事業がいよいよ本格指導します。

産後ケアセンターについて、都道府県が主体的に運営するという

形は全国でも山梨県だけだと思います。

多くの方に利用していただきたいと思っています。

 

周りに妊娠中方がいらしたら是非、教えてあげてください!

 

そして利用したご感想を永井学で是非お聞かせくださいね。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

 

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes