facebook_link
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



こども・子育支援条例 制定に向けて

ガッツ山梨!永井学です。

昨年の9月から山梨県版こども・子育支援条例を

議員提案で作成すべく検討委員会が立ち上がり、

現在、その委員長を勤めております。

県政報告 まなぶ日和の23号でも書きましたが、

山梨県は、個性的な子育支援策を様々な行っております。

0〜2歳児の保育料無料化、山梨県と全市町村が支える

産前産後ケアセンターなどなど。

枝葉の政策はとても充実しておりました。

しかし、私は従前から本当に日本一子育のしやすい県を

目指すのであれば、幹になる条例を制定すべきだと

主張してきました。

県からの答弁は「計画を着実に推進していく」とのことで

条例を作ろうという方向にはいたりませんでした。

山梨県はどんな子どもを育て育もうとしているのか、

その方向性もないのに枝葉の政策ばかり打っていても

知事が変わればまたゼロベース(全てが0とは言いませんが)に

戻ってしまいます。

 

そこで、県がやらないなら議員提案で!という方向になったわけです。

 

山梨県の子育施策の現状を勉強した後、1月中旬には同じく議員提案で

条例を作った宮城県、福島県を視察してきました。

宮城県では実際に政策の委員長と副委員長を務められた

議員さんからお話を伺うことができました。

「こどもが読んでも理解できるわかりやすい条例にしたい」

という言葉、私たちもそのような条例を作りたいと

強く感じました。

また、子育の支援条例なのか、こどもの権利も全面的に入れて

いく条例にするのかでも、議論になりそうだと感じました。

本県の条例にどこまで書き込むかは、これからの議論と作業になると思います。

 

いずれにせよ、今月の中旬には、県内子育団体との意見交換会を行う予定。

そして、条例に対する方向性を議論した後、条項、条文の検討に入ります。

 

 

山梨県で育つ全ての子ども達が、健やかに成長し、山梨県が大好きになって

もらえる山梨県を作る。

そのための条例に制定には時間をかけじっくり取り組みます。

だいたい9月議会を目途に制定予定。

 

これからもしっかり議論していきます。

 

山梨県議会議員 永井 学

 

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes