facebook_link
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  



永井学公式サイト 携帯版

携帯電話からも
見ることができます。
こちらのQRコードから
どうぞ!



子育て支援現場視察第1弾!笛吹市 NPOゆうゆうゆう編

ガッツ山梨!永井学です。

 

子育て支援に関する条例案作成委員会の県内視察第1弾。

笛吹市 NPOゆうゆうゆう と

富士吉田市 NPO子育てふぁんはうす ふわっと を

視察させて頂きました。

両方とも車座で色々なお話を伺いました。

今回は「ゆうゆうゆう」の様子をご報告します。

1 NPOゆうゆうゆう

星合理事長さんにお話を伺いました。職員は24名。

つどいの広場ゆうゆう をはじめ、笛吹市子育て支援センターきっずいちのみや

笛吹市ファミリーサポートセンターファミリーベルなどの子育て支援事業。

訪問型子育て支援も県の支援を受けて行っているとのこと。

 

「子育て支援を進めていくと街づくりになる」→ 子育ては文化

子供と高齢者をつなげたり、子育て支援のしやすい環境を作ることで

移住定住の活動にもつなげているとのことです。

 

「利用者支援事業が山梨県は遅れている」

利用者支援事業。簡単に言うとそこに行くだけで子育て中のママやパパ(利用者)が

なにが必要でどんなサービスとつなげるのかを支援してくれる人や団体。

県自体はとても積極的だが、現場である市町村があまり理解していない。

自分も9月議会で質問をしたが、この利用者支援事業を全ての子育て支援施設に設置

するとの答弁でした。県のやる気はこの答弁からもあることはわかるが、

現在は人材の育成段階。まだまだ市町村レベルまでそれがおりていない現状を伺い

知ることができました。

EX : 高松市はこの利用者支援事業の先進地

 

<お母さんからの声>

・子育て関係のイベント。意外と平日のものが多く土日イベントが少ない。

・車の免許を持っていない子育て世代への支援を考えて欲しい。

・孤独育児に苦しんだ。ゆうゆうゆう のような施設が増えるとありがたい。

 

<永井の感想・雑感>

このNPOは県内でもかなり先進的であり、トップランナーである印象を

受けました。甲府の話も出てきたので、今後実際 甲府の現場がどのような

ものなのか、甲府選出の議員として是非検証していきたいと思った。

「子育ては文化」「子育ては街づくり、県づくり、国づくり」

この言葉がとても心に響いた。

従前から私が思っていること。

「子育て、人づくりに本気で力を入れない地域は間違いなく衰退する」

口だけの子育て支援では、地域は街は変わらない。

 

山梨県議会議員 永井 学

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes